ログアウト
メニュー

くりっく365(取引所為替証拠金取引)注文、アラート・ロスカット

注文方法

新規注文・決済注文

くりっく365 では、「新規注文」と「決済注文」によって取引を行います。

新規注文
新たにポジションを保有するための注文
それぞれの取引通貨ペアでの買建て、売建てができます。
取引が成立すると、委託手数料をくりっく365 口座から差し引きます。
決済注文
お持ちのポジションを反対売買により解消(決済)するための注文

取引が成立すると、くりっく365 口座から委託手数料を差し引き、決済損益(為替差損益+スワップポイント)を加減します。
なお、両建てで保有しているポジションを決済する場合は、反対売買によらず保有ポジション同士を相殺することもできます(建玉整理)。
決済時に建玉を指定して決済する方法(決済指定可)、決済する建玉を先入先出で自動的に選択する方法(決済指定不可)のいずれかを選択することができます。

  • ※ 決済指定可を選択しているが決済建玉を選択せず決済する場合は、決済する建玉は先入先出で自動的に選択されます。
オートネッティング(決済指定不可)
お持ちのポジションの状況にかかわらず、売りまたは買いを指定する注文

注文が成立した時点で、指定した売買と反対サイドのポジションがある場合は、当該ポジションの古い約定から決済いたします。反対サイドのポジションがない場合は、新規に売建て、または買建ていたします。

  • ※ オートネッティングは、お客さまの口座の設定画面で、決済指定設定を不可と設定することで利用可能になります。
  • ※ 両建て(同通貨ペアの買ポジションと売ポジションを同時に保有すること)は、お客さまの判断で行うことが可能ですが、下記のコストの二重負担が発生します。
    • スプレッド(【買気配】と【売気配】の差額)
    • 委託手数料
    • ※ ただし、建玉整理の場合は二重負担はありません。

注文手法

くりっく365 では、取引注文を出す際に、お客さまの判断でさまざまな注文手法が選択できます。
指値注文、トリガ注文、トレール、OCO注文、IFD注文、IFO注文、は、あらかじめ価格を指定いただく注文方法です。
注文受付時間帯に発注でき、有効期間内に条件に達した場合に約定します。

単一注文

成行注文成行注文とは 価格を指定しない注文方法です。その時点の為替レートにて約定します。
付合せ時間帯に発注できます。
指値注文指値注文とは 指定された価格またはそれより有利な価格にて約定します。
トリガ注文トリガ注文とは 指定した価格(トリガ価格)以上に価格が上昇したときに買の成行注文、指定した価格(トリガ価格)以下に価格が下落したときに売の成行注文が発注される予約注文です。
トレール トリガ注文を出す際に設定できる機能です。価格の動きにあわせてトリガ価格が自動的に変更されます。

その他の注文

OCO注文OCO注文とは 指値注文とトリガ注文を同時に発注しておき、一方が約定するともう一方の注文は自動的に取り消される注文方法です。
IFD注文IFD注文とは 新規注文と決済注文を指値・トリガのいずれかで同時に発注しておき、新規の注文が約定すると、決済注文が有効になる注文方法です。
IFO注文IFO注文とは IFD注文とOCO注文を組み合わせて、同時に発注しておく注文方法です。あらかじめ新規注文を指値・トリガのいずれかで発注すると同時に、決済注文で指値注文とトリガ注文を同時に発注します。新規の注文が約定すると、次の決済注文(OCO注文)が有効になります。
連続注文 最初の注文が約定すると、予約しておいた次の注文が自動的に発注される注文です。
「米ドル/円の新規の買い指値注文が約定したら、ユーロ/円の新規買いトリガ注文を発注したい」というときなどに使います。
IFD注文と異なり、通貨ペアや新規/決済に関係なく次の注文を予約することができます。
ストリーミング注文ストリーミング注文とは 買気配値と売気配値を同時に表示し、いずれかの気配値をクリックすることによって、その時点の提示価格で取引を成立させる注文方法です。「買気配」をクリックすると「売注文」、「売気配」をクリックすると「買注文」が発注されます。付合せ時間帯に発注できます。
スリッページの設定が可能です。
  • ※ 有効期間は、「当日」「週末」「無期限」から選択いただきます。(有効期間までに約定しない場合、注文は無効となります。)

注文の変更・取消

取引が成立した後は、変更・取消は一切できません。取引が成立する前は、注文の取消が可能です。
単一注文(指値・トリガ)は、注文内容の変更も可能です。単一注文(指値・トリガ)以外の注文内容を変更する場合は、いったん取消のうえ、再度、注文を発注してください。
毎日の取引時間終了後の値洗いの結果、発注可能額が不足する場合には、未約定のすべての新規注文を取消します。

アラート・ロスカット

くりっく365 では、急激な為替変動時に多額の損失が発生する可能性があります。
そのため、損失を限定するためにリスク回避ルールが設けられています。

アラート・ロスカットの例

アラート・証拠金不足

有効比率 = 有効証拠金額 ÷ 必要証拠金額 × 100

NZドル/円通貨ペアを1万通貨保有、必要証拠金額16,500円の場合

アラート
1分ごとの時価評価で、有効証拠金額が11,550円以下になるとアラートメールを発信します。
70%=11,550円÷16,500円×100
ロスカット
1分ごとの時価評価で、有効証拠金額が8,250円以下になるとロスカットされます。
50%=8,250円÷16,500円×100
アラート 取引時間中1分ごとに時価評価を行い、有効証拠金額※1が必要証拠金額※2に対して70%以下になると(有効比率※3が70%以下になると)、有効比率※3の低下をお知らせするアラートメールを発信します。
  • ※ お客さま毎に設定値を70%以上に設定可能です。
    70%、80%、90%、100%、110%、120%から選択可能です(ロスカットの設定値より小さい設定値は選択できません)。
ロスカット 取引時間中1分ごと(有効比率が100%以下の口座は1分ごと)の時価評価において、有効証拠金額※1が必要証拠金額※250%以下になると(有効比率※3が50%以下になると)、損失の拡大を防ぐため、全ての保有ポジションを強制的に反対売買にて決済します。
保有ポジションの約定時間帯以外にロスカットの発注が発生した場合は、当該建玉決済注文は約定時間到来しだい発注します。なお、ロスカット注文発注中は新規の発注はできません。
  • ※ お客さま毎に設定値を50%以上に設定可能です。
    50%、60%、70%、80%、90%、100%から選択可能です。
  • ※1 有効証拠金額 : 証拠金預託額+評価損益相当額+スワップポイント相当額+決済損益予定額−未払手数料
  • ※2 必要証拠金額 : 1取引単位(1枚)あたりの必要証拠金額×保有ポジションの数量
    • ※ 両建て※4で保有している場合は、買ポジションの数量と売ポジションの数量の多いほう1取引単位(1枚)あたりの必要証拠金額は、証拠金基準額が大きく変動する場合に変更されることがあります。
      実際の金額は必要証拠金等ページに毎週掲示します。
  • ※3 有効比率(%) : 有効証拠金額÷必要証拠金額×100
  • ※4 両建て(同通貨ペアの買ポジションと売ポジションを同時に保有すること)は、お客さまの判断で行うことが可能ですが、下記のコストの二重負担が発生します。
    • スプレッド(【買気配】と【売気配】の差額)
    • 委託手数料
    • ※ ただし、建玉整理の場合は二重負担はありません。

証拠金不足

毎日の取引時間終了後の値洗いの結果、証拠金預託額に評価損益・実現損益・未払手数料等を加減算した金額が、証拠金基準額※1を下回ると、証拠金不足となり、証拠金不足メールが発信されます。

証拠金不足となった場合、発生日(発生日が土曜日の場合は翌月曜日)の19時までに前日証拠金不足額※2以上の金額を入金いただきます。発生日(発生日が土曜日の場合は翌月曜日)の19時までに入金を確認できず、かつ当該発生日(発生日が土曜日の場合は翌月曜日)が銀行営業日である場合には、お持ちのポジションをすべて強制決済させていただきます。
詳しくは、証拠金不足時の対処方法についてをご覧ください。

証拠金不足の例

証拠金不足

NZドル/円通貨ペアを1万通貨保有、証拠金基準額11,000円の場合

毎日の取引時間終了後の値洗いの結果、証拠金預託額に評価損益・実現損益・未払手数料等を加減算した金額が、11,000円を下回ると、証拠金不足になります。

  • ※1 証拠金基準額 : 1取引単位(1枚)あたりの証拠金基準額×保有ポジションの数量
    • ※ 両建て※3で保有している場合は、買ポジションの数量と売ポジションの数量の多いほう1取引単位(1枚)あたりの証拠金基準額は、外国為替相場の変動を反映しを1週間ごとに金額の見直しを行っています。
      実際の金額は必要証拠金等ページに毎週掲示します。
  • ※2 前日証拠金不足額 : 前取引日終了後の値洗い時点で、未払手数料を加味した証拠金預託額から{証拠金基準額−(評価損益相当額+スワップポイント相当額+決済損益予定額)}を差引いた金額がマイナスとなった場合に証拠金不足となり、その金額をプラスの値で表示します。
  • ※3 両建て(同通貨ペアの買ポジションと売ポジションを同時に保有すること)は、お客さまの判断で行うことが可能ですが、下記のコストの二重負担が発生します。
    • スプレッド(【買気配】と【売気配】の差額)
    • 委託手数料
    • ※ ただし、建玉整理の場合は二重負担はありません。
  • ※ アラートメール、証拠金不足メールなどのお知らせメールは、通信回線の状況などの影響により、お客さまへのメール到着が遅れたり、届かない場合もあります。当社では、送信されたメールの到着確認は行っておりません。必ずくりっく365 取引画面にて、都度お客さまの取引状況をご確認ください。
  • ※ メールアドレスは常に最新のものを登録いただくようお願いします。

当社の口座をお持ちでないかた

口座開設

当社の口座をお持ちのかた

くりっく365の口座開設

当社の口座をお持ちのかた

くりっく365の口座開設

くりっく365メニュー