ログアウト
メニュー

投資信託投資信託の仕組みと4つのチェックポイント

投資信託の仕組み

投資信託とは?

投資信託は、たくさんの投資家から集められたお金を一つにまとめ、投資信託委託会社が株式や債券等に分散投資をし、運用成果に応じて投資家に収益を分配する金融商品です。


投資信託の仕組み

投資信託の仕組みは、販売会社、委託会社、受託会社が役割を分担することで成り立っています。
それぞれの役割は下記のようになります。

  1. 1販売会社(証券会社、銀行等)の役割
    • 投資信託の募集、販売
    • 分配金、償還金の支払
    • 目論見書、運用報告書の配布
    など
  1. 2委託会社(投資信託委託会社等)の役割
    • 投資信託の設定
    • 投資信託の運用と受託会社への指示
    • 目論見書、運用報告書の作成
    など
  1. 3受託会社(信託銀行等)の役割
    • 運用資産の保管
    • 委託会社の指示通りに信託財産を管理・処分
    • 分配金や償還金の計算
    など

投資先と運用方針

まずは投資信託の投資対象で選んでみましょう

投資先をチェック

投資信託はたくさんの投資家から集められたお金を一つにまとめ、国内外の株式や債券等に分散投資をします。
また、話題のテーマをとりあげ、そのテーマに関連した対象に重点的に投資する投資信託も増えています。
例えば、BRICsとよばれる新興諸国に投資する「BRICsファンド」、天然資源や鉱物に投資する「商品ファンド」、環境問題への取り組みに着目する「エコファンド」などが挙げられます。

株式・債券 国内・海外 AI・ロボ BRICs 商品(コモディティ)

運用手法をチェック

投資信託は大きく2つの運用手法で分けることができます。

パッシブ運用 パッシブ運用では、ベンチマークの動きに連動することを目標とします。運用コストがあまりかからないため、アクティブ運用の投資信託に比べて、手数料が低めに設定される傾向があります。
アクティブ運用 アクティブ運用では、ベンチマークを上回ることを目標とします。運用コストがかかるため、パッシブ運用の投資信託に比べて、手数料が高めに設定される傾向があります。
  • ※ ベンチマークとは、投資信託が運用の成果を評価する基準となる指標を意味します。日本では、TOPIX(東証株価指数)や日経平均株価がしばしば使われます。

過去の運用実績

投資信託を選ぶにあたり、過去の成績を参考にしてみるのもよいでしょう。

基準価額と騰落率をチェック

投資信託の1口あたりの価値を「基準価額」と呼び、投資対象の銘柄の価格変動により、日々変動します。
基準価額の過去の推移と現在の水準をチェックしてみましょう。この基準価額が一定の期間に何%上昇または下落したかを表したものが、「騰落率」です。騰落率をみて、過去の基準価額の動向をチェックしてみましょう。


分配金の受取方法をチェック

投資信託は、運用成績に応じて収益を分配するものがあります。分配方法には以下の2つがあります。

  • ※ 運用状況によっては分配金額が変わったり、分配金が支払われない場合があります。
  • ※ 分配金の受取/再投資に関わらず基準価額は下落いたします。

※ 図はイメージ図です。実際は分配金が得られない場合や損失が発生する可能性もあります。

1. 受取型 決算期に分配金が決済口座に入金されます。決算期は投資信託によって様々です(毎月のものもあれば、1年に1回というものもあります)。
2. 再投資型 分配金を受取らず、再度同じファンドを自動購入します。

純資産総額をチェック

投資信託の規模を示すものに「純資産総額」があります。純資産総額が大きいということは、それだけ資金が集まっており、安定した運用が可能です。しかし、一概に規模の大小だけでファンドの良し悪しを判断することはできません。
ただし、純資産総額が一定の水準を下回った場合、あらかじめ定められた運用方針での運用が行えず、繰上償還になることもあります。繰上償還が行われると、その時点の基準価額でファンドの保有者に資金が返還されますので、小規模の投資信託には注意が必要です。

リスクとコスト

投資信託のリスク

投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
投資信託は、組み入れている株式や債券等をすべて日々評価し、基準価額を算出しております。基準価額は、組入れ銘柄の価格の変動により、投資元本を上回ることもありますが、反対に投資元本を下回ることもあります。

  • ※ 基準価額の変動要因となるリスクは、投資信託によって異なります。詳しくはSBI 証券のWEBサイト上の目論見書や目論見書補完書面等をご覧ください。

投資信託のコスト

投資信託の主な手数料として、買付手数料と信託報酬の2つがあります。

1. 買付手数料
  • 買付手数料は「基準価額×1~3%(税引前)」程度です。
  • 買付手数料無料のノーロードファンドもあります。
2. 信託報酬
  • 受託会社、委託会社、販売会社に対して、信託財産の中から支払われる報酬のことです。
  • ※ 上記以外のコスト(換金時の「信託財産留保額」や「解約手数料」など)がかかる投資信託もあります。詳しくはSBI 証券のWEBサイト上の目論見書や目論見書補完書面等をご覧ください。

SBI 証券の口座をお持ちでないかた

SBI証券口座開設 (仲介業)

SBI 証券の口座をお持ちのかた

お取引き

  • ※ SBI 証券の口座をお持ちのかたは、今すぐ簡単に当社の口座を開設できます。
  • ※ SBI 証券の口座開設の流れは、こちらからご確認ください。

ご注意事項

金融商品仲介について
  • ※ 当社は、金融商品仲介において、SBI 証券の証券口座開設申込みの受付およびSBI 証券の取扱う各種金融商品とそのお取引きに関するご案内を行います。
  • ※ 当社WEBサイトからのお申込み後、SBI 証券で所定のお手続きが完了し、お客さまの証券口座が開設されますとお取引きを開始することができます。
  • ※ 当社は、SBI 証券より取得するお客さまの証券口座情報(SBI 証券とのお取引きに関する情報を含む。)や投資経験情報等を、別途、当社WEBサイト上に掲示して公表する当社の「個人情報保護方針」および「個人情報のお取扱いについて」に基づき取扱います。
SBI 証券とのお取引きに関する注意事項
  • ※ お客さまとSBI 証券とのお取引きは、SBI 証券のWEBサイト上で行っていただきます。
  • ※ 20歳未満のお客さまおよびSBI 証券にすでに証券口座をお持ちのお客さまは、SBI 証券の証券口座開設をお申込みいただくことができません。
  • ※ 当社が金融商品仲介でご案内する各種商品等やサービスは、SBI 証券が提供するものであり、当社が提供するものではありません。
  • ※ SBI 証券とのお取引きの際には、お客さまに所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合がありますが、具体的な金額や計算方法は、商品等によって異なるため、一律に記載することができません。
    手数料、必要経費等の詳細につきましては、SBI 証券WEBサイトの手数料に関するご案内、当該商品等のページ、金融商品取引法にかかる表示および契約締結前交付書面等の記載内容をよくご確認ください。
    金融商品取引法にかかる表示はこちらをご覧ください。
  • ※ 当社は、お客さまとSBI 証券とのお取引きについて一切の責任を負いません。

SBI証券が取扱う金融商品に関するご質問は、SBI証券カスタマーサービスセンターまでお問合せください。

〈すでにSBI証券口座をお持ちのお客さま〉
0120-104-214(年末年始を除く平日8:00~18:00)
携帯電話・PHSからは 0570-550-104 (ナビダイヤル)をご利用ください。
ナビダイヤルは、国際電話、一部のIP電話からはご利用いただけません。その際は 03-5562-7530 をご利用ください。

〈新しくSBI証券口座を開設されるお客さま〉
0120-104-215(年末年始を除く平日8:00~18:00)
携帯電話・PHSからは 0570-082-241 (ナビダイヤル)をご利用ください。
ナビダイヤルは、国際電話、一部のIP電話からはご利用いただけません。その際は 03-4330-4336 をご利用ください。

  • ※ ナビダイヤルは、携帯電話・PHSから20秒11円の(税込)の通話料がかかります。

SBI証券の口座開設・お手続きには、マイナンバーのご提示が必要です。

お取引きに関するリスクについて
  • ※ 金融商品仲介においてご案内する金融商品等は、預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。
  • ※ 金融商品仲介においてご案内する金融商品等は、元本および利回りの保証がありません。
  • ※ 金融商品仲介においてご案内する金融商品等は、株価の変動や市場の金利水準の変化、為替相場の変動等により価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。
  • ※ SBI 証券の取扱商品に関するリスクは、SBI 証券のWEBサイトでご確認ください。

金融商品仲介によるSBI 証券の口座開設については 当社カスタマーセンター までお問合せください。
当社は、委託金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
当社は、金融商品仲介業に関してお客さまから直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。

投資信託メニュー