生体認証で安心・便利な「スマート認証NEO」

スマート認証NEOなら、生体認証で面倒なお取引ごとのパスワード入力が不要に。
不正取引等も防止できるので、より安全でスムーズにお取引することができます。

スマート認証NEOとは

  • 銀行取引と認証を、アプリ「住信SBIネット銀行」一つで完結可能に。

    写真:タクシーでスマートフォンを使用するスーツの男性の手元
  • 生体認証で、面倒なお取引ごとのパスワードや認証番号の入力が不要に。

    写真:スマートフォンで住信ネット銀行アプリを操作している様子
  • アプリ以外の取引も事前に確認、承認してから実行。不正送金等を未然に防止。

    写真:空中に浮かんだチェックボックスを操作するイメージ
  • FIDO(Fast IDentify Online)※に準拠した認証方式を採用し、強固なセキュリティを実現。

    FIDOアライアンス(認証の標準規格を策定する国際団体)によって標準化されている認証プロトコルです。

    写真:ネットワークで繋がった無数のパーティクルに浮かぶセキュリティーのマーク

FIDO規格の
認証モデルイメージ

イラスト:一般的なパスワード認証モデルの図 認証情報をサービスサーバに送信・保管するため、攻撃によってID・パスワードが一括で奪われるリスクがあります。 イラスト:一般的なパスワード認証モデルの図 認証情報をサービスサーバに送信・保管するため、攻撃によってID・パスワードが一括で奪われるリスクがあります。
イラスト:FIDO認証モデルの図 認証情報は送信せず、端末上で本人確認を行います。専用の通信とデジタル署名も併用し、認証強度を高めます。 イラスト:FIDO認証モデルの図 認証情報は送信せず、端末上で本人確認を行います。専用の通信とデジタル署名も併用し、認証強度を高めます。