代表取締役会長 藤田万之葉
代表取締役社長 円山法昭

金融サービスを変革し、社会をより快適で便利なものに変えていく

住信SBIネット銀行は2007年9月の開業以来、着実に業容を拡大し、現在では371万口座、預金残高、住宅ローン実行累計額ともに5兆円を突破するなど、多くのお客さまにご利用いただく銀行へと成長してきました。

開業以来、当社が大切にしていることは、ITを活用した革新的な金融サービスの提供を通じ、社会をより豊かで快適にし、「世の中にない新しい体験をお客さまに届けること」です。

これまで、当社は銀行としての基本的なサービスの質の向上を目指し、ATMや振込みなど各種手数料のコストメリットを追求してきました。さらに、セキュリティの強化、WEBサイトやアプリのUI・UXの向上など、ネット銀行としての価値も徹底的に追求してきました。

お客さま中心主義という当社の姿勢を体現し続けた結果として、多くの顧客満足度調査において銀行部門で1位を獲得しています。

一方、昨今のモバイル、クラウド、ビッグデータ・AI、ブロックチェーン、オープンAPIなど急激なテクノロジーの進化により、銀行業界も大きな転換期を迎えています。我々はこれをチャンスととらえ、新しいことに挑戦し続け、次々にかたちにしてきています。

例えば、2016年に当社は日本で初めて残高や入出金情報などの銀行APIをFinTechベンチャーに開放しました。
これにより、消費者は他のサービスを通じて自分の銀行情報を照会できるようになりました。一見、銀行のシステムを外部に公開しても当社にメリットがないように感じるかもしれませんが、誰にとっても必要な預金・融資・決済という機能を銀行以外の企業から利用することで、銀行がより身近になり、お客さまの利便性が向上すると考えています。

また、中小法人向け融資のトランザクションレンディングという革新的なサービスも実現しました。
これは法人口座のご利用履歴に基づき決定した借入条件で融資を受けられる「事業性融資 dayta」というサービスで、お客さまごとに借入条件が毎月メールなどで届く日本の銀行で初めてのレコメンド型融資サービスという点が特徴です。
企業は提示された借入条件を確認したうえで、書類準備や面談不要で必要資金の借入れ申込みがネットで可能となり、最短で即日に借入できるようになります。

銀行インフラをあらゆる企業に積極的に開放するプラットフォーマーになる

このように、業容を拡大しつつも、次々と新しいサービスを展開してきた当社ですが、これらは、当社の強みである迅速な意思決定はもとより、当社で働く人材による力が大きいと考えています。

当社には新しいことを成し遂げたいという強い意志のある人がたくさん集まっています。これからも新しいことにチャレンジし続け、当社が更なる飛躍をとげるためには、社員ひとりひとりが最新の情報をキャッチし、独創的なアイディアを生み出し続けることが重要です。

今後も革新的なサービスを生み出し続け、圧倒的な成長を続けるために、より多くの優秀な人材の獲得に努めていく方針であり、めまぐるしく変わる銀行業界の中で、変化をともに楽しんでいける、新しい個性を持った人材を求めています。

いまや銀行という「業態」よりも、バンキングという「機能・サービス」が重視され、求められる時代。
むしろ、銀行機能を提供するのは銀行でないほうがいいかもしれません。
銀行以外が銀行機能を提供する姿を、当社は「NEOBANK®(ネオバンク)」と呼んでいます。

当社は銀行インフラをあらゆる企業に積極的に開放するプラットフォーマーになることで、ITだけでなく、流通や航空などさまざまな既存の業界を進化させ、新しいビジネスを生み出したいと考えています。これが当社における「NEOBANK®」構想であり、ソフトをサービスとして提供するSaaS(Software as a service)になぞらえていうところの、BaaS(Banking as a service)ということになります。

ネット銀行は、いまだ認知度も低く、預金量は業界全体でまだ約20兆円。日本全体の預金量約1,000兆円の2%程度でしかありません。だからこそ、認知度も高く、大きな顧客基盤を持つ企業との「NEOBANK®」の取組みが、多くのお客さまに我々の革新的なサービスを提供できるチャンスとなります。住信SBIネット銀行のことは知らなくても、結果として多くのお客さまが当社を意識せずに当社のサービスを利用しているという世界の実現を目指します。

join our team

住信SBIネット銀行では、変化や進化を楽しみ、
共に新しい常識を創り出していく、新しい個性を待っています。

住信SBIネット銀行 新卒採用サイトRECRUITMENT