H.F2015年新卒入社

受信・決済事業部 企画グループ

「日本初の新商品・サービスを世に送り出す」ことを目指し、
常に銀行界のトップランナーとして新商品の開発を手掛ける

これまでの仕事内容

受信(預金・決済)の商品を中心にサービス企画・開発に携わってきました。

入社して半年程度、銀行の基本機能である預金金利のシミュレーション・金利の決定をしたり、決済サービスの担当として法人向けサービスのセールスをしたりしていました。その後、1年目の後半からはFinTech担当として、法人セールスの経験を活かしながら、FinTechベンチャー企業と共同で商品開発を行い、貯金アプリやロボアドバイザーといった新しい商品を世に送り出してきました。ここでの経験が自分の中に今も息づいていて、「新しい商品を創り出す」ことの楽しさを学びました。

そして、現在は再び受信・決済事業部に所属しています。個人だけではなく法人のお客さまにも当社サービスを便利にご利用いただけるように、法人向けサービスの改善に努めています。銀行業界は昔から存在するレガシーな業界ですが、銀行法や周辺法令の改正、FinTechベンチャーの台頭など大きな変化にさらされています。そういった業界の大きな変化をキャッチアップしながら、便利なサービスを開発・提供すべく、日々新しい商品の企画をしています。

就職する際の最終的な決め手は

「銀行で出来ることなら何でも出来る、かつ、新しいことにチャレンジできる」ことが決め手でした。

住信SBIネット銀行は、インターネット専業銀行の中でも「フルバンキングのサービス提供」を掲げており、普通預金から外貨・仕組預金、カードローン・住宅ローンをはじめとして、幅広い商品ラインナップが魅力です。

「ここに入社したら、”最先端の銀行”で幅広い商品に携わり、プロフェッショナルになれる」と感じたことが後押ししてくれました。それは実際、働き方にも表れており、銀行がバックグラウンドの人、証券会社がバックグラウンドの人、システム会社がバックグラウンドの人とさまざまな人と働けることが一番の魅力かもしれません。

担当してきた業務で印象的なエピソード

「日本初の新商品・サービスを世に送り出す」ことを目指して、常に銀行界のトップランナーとして新商品の開発に携わってきました。特に”FinTech”が銀行界で浸透した際に、「銀行」と「FinTechベンチャー」がサービスを連携するための仕組みとして、「API」の開発がクローズアップされました。私自身は2016年からその取組みに従事し、他銀行と常に競争をしてきました。

例えば、2016年末頃、銀行界は「オープンAPI」という新しい仕組みの展開を競い始めた時期がありました。今でもそうですが、「API」の世界では、銀行の仕組みをFinTechベンチャーに対して少しずつ開放し、連携を強化していく取組みです。

その中で他の銀行に先駆けて、「決済サービスに利用できるAPI」の開発に取組みました。他の銀行の状況がわからない、前例が無い中で新しい仕組みを創り出すことは、強いプレッシャーにさらされますが、それに負けることなくサービスを創り出すことを続けるうちに、「より良い商品を考えることができる」ようになり、次なる商品開発に活かせるようになりました。

働くうえで意識していること

「家族に勧めることができるサービス」を企画・提供することをモットーにしています。

金融機関の商品はともすれば、「手数料を儲けるための商品しか売らない」ような悪いイメージがあるのではないでしょうか。そんな商品をお客さまに勧めるのは言語道断ですが、ましてや家族に勧められるでしょうか?

今働いている住信SBIネット銀行の商品は、私自身も利用していますが、家族にも勧めることができる商品だと自負していますし、今後もそういった商品を世に送り出していきたいと思います。

今後の目標

住信SBIネット銀行を含めて、銀行というのはレガシーな仕組みで動いています。そこをFinTech領域の新技術によって、変えていきたいです。

例えば、お金を振込、使いたいお金をATMから引出すといったときにも「手数料」がかかります。これは今の銀行が利用しているシステムの仕組み上どうしても必要なものです。一方で、既存のシステムから脱却することさえできれば、手数料を安くすることが可能となります!

自分自身が普段から「めんどくさい」「何故なんだ」と思っているようなことにフォーカスを当てて、小さな発見から大きな新サービスを創造するようなチャレンジをしたいです。FinTechにはその可能性があり、銀行としていち早く柔軟に新しい仕組みを取り入れられるようなプロジェクトに取組みたいと思います。

1日のスケジュール

08:40
出社・前日夜のメールチェック
09:00
午後の会議や取引先訪問時の資料の作成・確認
10:00
システム開発案件のために、システム部門や外部ベンダーと打合せ
11:30
自宅から持参したお弁当ランチ
13:00
社内定例打合せ
15:00
明日のスケジュール・資料を確認しながら、外訪の準備
16:00
サービスの営業のために外出
17:30
帰宅。週に1~2回は飲み会、時たまスポーツでリフレッシュ!

※2019年9月時点の所属部署に基づく内容です。

join our team

住信SBIネット銀行では、変化や進化を楽しみ、
共に新しい常識を創り出していく、新しい個性を待っています。

住信SBIネット銀行 新卒採用サイトRECRUITMENT