VIEW

MESSAGE

代表メッセージ

当社が今後どのような未来を描き、そしてどのような人材の活躍に期待しているのか、 両代表の想いや学生の皆様へのメッセージをお伝えします。
代表取締役会長
山田健二
代表取締役社長(CEO)
円山法昭

テクノロジーと金融の力で
世の中の課題を解決する

住信SBIネット銀行は2007年9月の開業以来、着実に業容を拡大し、現在では470万口座を超え、預金残高6兆円、住宅ローン実行累計額7兆円を突破するなど、多くのお客さまにご利用いただく銀行へと成長してきました。

これまで、当社は銀行としての基本的なサービスの質の向上を目指し、ATM利用や振込みの際の利便性や、お客さまが使いやすい手数料水準を追求してきました。さらに、セキュリティの強化、WEBサイトやアプリのUI・UXの向上など、ネット銀行としての価値も徹底的に追求しています。

お客さま中心主義で当社の姿勢を体現し続けた結果として、多くの顧客満足度調査において高い顧客評価を獲得しています。

開業以来、当社が大切にしていることは、テクノロジーを活用した革新的な金融サービスの提供を通じ、社会をより豊かで快適にすることです。多くの人がおかしいと感じてはいるが、その解決方法がわからない歪みを見つけて解決することで、「世の中にない新しい体験」をお客さまに届けたいと考えています。昨今のモバイル、クラウド、ビッグデータ、AI、ブロックチェーン、オープンAPIなど急激なテクノロジーの進化により、銀行業界も大きな転換期を迎えています。我々はこれをチャンスととらえ、新しいことに挑戦し続け、次々にかたちにしています。

プラットフォーマーとして
効率的で公正な社会の実現を目指す

当社は、社会全体をより良くするために、テクノロジーと金融の知見を社外に開放していくことも進めています。SDGsの考え方にも通じるかもしれませんが、当社だけが得をするのではなく、プラットフォーマーとして、そこに参画するすべての人にベネフィットを還元していくことを目指しています。

例えば、当社の子会社や外部との協働により開発した、セキュリティーサービスやAI審査サービスを多くの金融機関へ提供しています。

また、当社では銀行以外の事業会社が銀行機能を提供する姿を「NEOBANK®(ネオバンク)」と呼んでいますが、当社の「NEOBANK®」構想では、銀行インフラをあらゆる企業に積極的に開放するプラットフォーマーになることで、ITだけでなく、流通や航空などのさまざまな既存の業界を進化させ、新しいビジネスを生み出したいと考えています。すでにJALやCCC、ヤマダホールディングス、オープンハウスなど、おそらく皆さんにとっても身近な企業と連携して「NEOBANK®」を実現しています。

今後は、これまでの実績を活かしながら、銀行というかたちにとらわれず、テクノロジーと金融の力で解決すべき社会の歪みを解消し、これまでにない新しい体験をお客さまに届けていきたいと考えています。

このように、業容を拡大しつつも、次々と新しいサービスを展開してきた当社ですが、これらは、当社の強みである迅速な意思決定はもとより、当社で働く人材による力が大きいと考えています。

当社には世の中にインパクトを与えるような新しいことを成し遂げたいという強い意志のある人がたくさん集まっています。
これからもつねに最先端のテクノロジーを活用した革新的な事業を生み出し続け、当社がさらなる飛躍をとげるためには、社員一人ひとりの独創的なアイディアとチャレンジ精神が最も重要です。

今後も革新的なサービスを生み出し続け、既成概念を打ち壊して業界を変え、また金融の枠にとらわれず社会の歪みの解消を通じて持続可能な社会を実現する、世の中にとってなくてはならない企業となるために、フレッシュで個性豊かな優秀な人材を求めています。当社の想いに共感し、力を発揮したいと考える方と一緒に、世界をより良い方向に変えていきたいと思います。

※口座数、預金残高は2021年6月時点、住宅ローン実行累計額は2021年8月時点の情報です。