住信SBIネット銀行10th Anniversary
ヘルプQ&Aお問合せ 法人サービス

 

2017/08/19 21:49:05

[ ここから本文です ]

FPコラム 〜マネーの達人に聞く、マル得情報〜 「投資信託入門」

FPコラム これが知りたい!マネーの達人に聞く、マル得情報

FPコラムトップへ戻る

掲載日:2010年10月

ファイナンシャルプランナー 中森 順子 さんが「投資信託」をわかりやすく解説!

中森 順子 さん

中森 順子 (なかもり じゅんこ) さん

株式会社マネーライフナビ所属。
ファイナンシャル・プランナー、持ち味カードインストラクター

  • 【経歴】
    コンピュータソフトウェア会社にてプログラマー・SEを経験。
    結婚を機に税理士事務所へ転職し、1996年FP資格を取得、2002年12月FPとして独立。
    現在はマネーライフナビにて主要マネーコンテンツの運用やメンテナンスを行なう。
    個人の考えや価値観、好みに合わせた「お金との付き合い方」を、600件以上の家計相談を受けた実績からアドバイス。「自分らしいお金との付き合い方」を見つけ出すお手伝いをするため「持ち味カード(マネー編)」のインストラクターとして毎月ワークショップを開催している。

「投資信託」とは、私たち投資家がお金を出し合ってつくった一つの大きな資金を専門家が運用・管理し、その運用成果に応じて収益が分配される金融商品のことです。数多くの種類がありますが、自分に合った投資信託はどう選んだら良いのでしょうか?

“投資信託”を選ぶその前に

以前は証券会社でなければ購入できなかった投資信託ですが、今では普段からよく利用する銀行でも購入できます。また、窓口に足を運ばなくても、インターネットを使って預金から投資までほとんどすべての金融商品の取引きができるようになりました。

そのような環境の中、資産運用に関するご相談が増えています。そこでよく受ける質問が「どんな金融商品を選んだら良いですか?」ということ。その答えを見つけるためには、「そのお金を“いつ”“何のために”使いたいのか」マネープランを明確にすることが大切です。

金融商品を選ぶときに、「自分のマネープランに合った金融商品」ではなく、「目先の利益や流行」などに振り回されている人が多いようです。その結果、「損をした」「だから投資は怖いもの」といったネガティブなイメージを持ってしまう人も。しかし、それは金融商品が悪いのではなく、その金融商品が自分のマネープランに合わなかっただけのこと。
たとえば、3年後に必要なマイホーム資金なのか、20年後に必要な老後資金なのかによって適した金融商品は異なります。そこを間違うと、金融商品の特性を活かすことができなくなるので、まずは自分のマネープランを考えることから始めましょう。

<“いつ” “何のために”お金が必要か、マネープランを考えてみよう!>

“いつ”“何のために”お金が必要か、マネープランを考えてみよう!

ファイナンシャルプランナー 中森順子

関連リンク

現在の位置: ホーム 商品サービス一覧 FPコラム 投資信託入門

住信SBIネット銀行(すみしんSBI)の商品・サービスは、本サービスサイトにてご提供しています。
金融機関コード(銀行コード):0038

ログイン

キーボード
おすすめ情報
アプリ「外貨預金」
<不正取引を未然に防ぐ>スマート認証
預り資産20億突破! 新聞でも話題のロボット投資 Wealthnavi for 住信SBIネット銀行

PR情報