住信SBIネット銀行10th Anniversary
ヘルプQ&Aお問合せ 法人サービス

 

2017/10/22 22:31:07

[ ここから本文です ]

はじめての住宅ローン−住宅購入の資金計画

はじめての住宅ローン−住宅購入の資金計画

住宅購入時に必要となる自己資金やローン返済額の目安を把握し、無理のない資金計画を立てましょう。

住宅購入に必要な自己資金は購入金額の25%以上、住宅ローンの年間返済額は年収の20%〜25%程度が目安です。
住宅の購入には、購入費だけでなく様々な諸費用がかかります。ご自身で用意できる資金と、住宅ローンの借入可能額がいくらかなのかを把握しておく必要があります。

住宅購入に必要な自己資金は購入金額の25%が目安

一般的に、住宅ローンの借入上限額は購入金額や建築費の80%までとするケースが多いため、残りの20%は自己資金が必要ということになります。

ただし、実際には購入費用のほかに諸費用(およそ購入金額の5%〜10%)もかかるので、25%程度を自己資金として準備しておくのが望ましいとされています。

年間のローン返済額は年収の20〜25%程度に抑えましょう

一般的に住宅ローンの毎年のローン返済額は年収の20〜25%程度が目安と言われています。
これを参考に、家計を圧迫しないよう、毎月の返済額、何年のローンにするかを考えると、収入から逆算して住宅ローンの借入可能額の目安がわかります。

これは購入物件の価格を考慮する指針にもなります。

年収650万円のかたの借入可能額は?
  • 年間のローン返済額(目安) … 約162万円(年収650万円 × 25% = 約162万円)
  • 毎月のローン返済額(目安) … 約13万円 (162万円÷12ヵ月 = 約13万円)

上記を目安に、当社の住宅ローンシミュレーションで、毎月の返済額:13万円、半年毎増額返済:なし、ローン期間:35年、金利:年3.0%(固定)の条件で試算した場合、借入可能額は約3,370万円です。

シミュレーション:お借入額試算(簡易版)

金融機関コード(銀行コード):0038

ログイン

キーボード
おすすめ情報
<不正取引を未然に防ぐ>スマート認証

PR情報