住信SBIネット銀行
ヘルプQ&Aお問合せ 法人サービス

 

2017/03/25 01:01:37

[ ここから本文です ]

ロボアドバイザー(自動資産運用サービス) - 商品概要

 

WEALTHNAVI for 住信SBIネット銀行 国際分散投資を、全自動でおまかせ。30万円から始められるロボアドバイザー
ロボアドバイザー資産運用開始キャンペーン

ロボアドバイザー(自動資産運用サービス) とは?

システムの発展が目まぐるしく進む昨今、金融のプロ集団がそれぞれの理念に基づいて開発を行ったプログラム(アルゴリズム)によって相場状況をモニタリングし、お客さま一人ひとりに合った配分を自動で調整することが可能になりました。その中で誕生した技術がロボアドバイザーです。

ロボアドバイザーの特長

投資プロセスを自動化

資産運用に関わる全プロセスを自動化しています。資産運用に必要とされる高度な知識、膨大な時間と手間、そして強い意志は必要ありません。ロボアドバイザーが自動で運用します。

感情に左右されない

ロボアドバイザーとは、お客さまの投資方針に合わせ、システム的に自動で資産運用をしてくれるサービスです。人間の意思を介さないので、感情に左右されることなく完全に客観的に運用することが可能です。

運用に関する難しい知識不要
取引するタイミングを見計らう必要なし

ロボアドバイザーなら、投資知識がゼロからでも、すぐに資産運用が可能です。
ロボアドバイザーは、自動で資産を運用してくれる次世代の投資手法と言えます。

ロボアドバイザー(WealthNavi for 住信SBIネット銀行)ってどんなサービス?

お客さまが預入れた資産を、お客さまに代わって管理・運用を行うサービス※です。
いくつかの質問からリスク許容度を診断し、それに基いた最適なポートフォリオ(金融資産の組み合わせ)を作成。それを自動で資産運用します。

お客さま一人ひとりにとって最適な資産運用を実現するため、ウェルスナビ株式会社が、常にお客さまのポートフォリオをモニタリングし、リバランスなどのメンテナンスを必要に応じて行います。

※お客さまとウェルスナビ株式会社との間で締結した投資一任契約に基づき、行われます。

概念図

ロボアドバイザー(WealthNavi for 住信SBIネット銀行)のメリット!

WealthNavi for 住信SBIネット銀行は、長期的な視点からお客さまの資産の安定的な成長を狙います。

高い透明性

WealthNavi for 住信SBIネット銀行の投資運用を行うウェルスナビ株式会社では、運用が不透明にならないように投資運用ロジックを可能な限り公開しています。

さらに銘柄の選定基準も公開しており、長期投資の対象として安心感のある銘柄が選ばれていることが分かります。

PDFです。新しいウィンドウで開きます。WealthNavi for 住信SBIネット銀行 の資産運用アルゴリズム(White Paper)

独立性

国内外の運用会社から手数料や広告料など一切受取らないことで独立性を保ち、お客さまの利益を最優先とする立場から運用を行います。

最も厳選された銘柄

WealthNavi for 住信SBIネット銀行では、選び抜かれた銘柄のみを採用しています。
銘柄は2016年11月時点で7銘柄で、米国に上場されているすべてのETF(上場投資信託)銘柄の中から、米国株、日欧株、新興国株、米国債券、物価連動債、金(コモディティ)、不動産、それぞれの7分野で選び抜かれた銘柄を扱っています。

出所:ウェルスナビ提供 銘柄スクリーニングのイメージ図(米国株の例)

税負担を軽減

WealthNavi for 住信SBIネット銀行では、自動税金最適化(DeTAX)機能を搭載しており、負担を軽減できる機能を組入れています。
ポートフォリオ(投資配分)の構成を維持したまま、税負担を繰り延べられる可能性があります。

※一定の条件が満たされた場合にのみ適用されます。税負担を必ず繰り延べることを保証するものではありません。

資金効率を最大化

WealthNavi for 住信SBIネット銀行では、分配金が一定額以上になると自動で最適なETFに再投資されます。
分配金再投資により効率的に運用が行えます。

自動リバランス

運用開始時に最適ポートフォリオを構築しても、銘柄ごとに値動きが異なるため、時間の経過とともにポートフォリオ内の配分比率は徐々に変化してしまいます。
WealthNavi for 住信SBIネット銀行では、定期的にお客さまのポートフォリオの配分比率を最適な状態に戻すよう自動で調整を行います。

リバランス機能付自動積立

積立投資は、継続することが大切です。積立投資を自動化することによって、相場の動向に左右されずに淡々と追加投資を行うことが可能となり、それが相場回復後の利益へとつながります。追加投資の手間を省くだけでなく、心理的な要因に左右されずに積立投資を継続できる機能です。

※一部、対応していない金融機関がありますので、申込画面にて金融機関名の有無をご確認ください。

投資配分見直し(リバランス)の大切さ

時間の経過とともにポートフォリオ内の配分比率は徐々に変化しており、定期的に最適な配分に戻す「リバランス」が重要となります。

WealthNavi for 住信SBIネット銀行では、一部出金の場合も、各銘柄をポートフォリオの構成割合で売却するのではなく、一部出金後のお客さまのポートフォリオが最適ポートフォリオに近づくように、売却する銘柄や数量を決めています。ポートフォリオの最適性を維持することで効率的な運用に貢献すると考えられます。

※投資やリバランスはすべて自動で行われますが、運用状況はWealthNavi for 住信SBIネット銀行の画面でご確認いただけます。

ポイント 定期的に最適な配分に戻る「リバランス」が重要 時間とともにポートフォリオのバランスは崩れる ポートフォリオの最適性=効率的な運用に貢献

WealthNaviの直近のパフォーマンス(2016年1月〜12月)

ご注意事項

  • 資産管理・運営について
    • 当社は、ウェルスナビ株式会社の取引口座(ETFの自動運用口座)開設申込みの紹介、勧誘及び取次ぎ、お客さまとウェルスナビ株式会社との間で締結する投資一任契約の媒介を行い、資産の管理・運用はウェルスナビ株式会社が行います。
  • WealthNavi for 住信SBIネット銀行について
    • 法人のお客さまは、現在お申し込みいただけません。
    • 「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」の口座開設には、住信SBIネット銀行の口座が必要です。
    • 既に直接または他社経由にて、ウェルスナビ株式会社と投資一任契約を締結されているかたは「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」をお申込みいただけません。
    • 海外ETFへ投資を行いますので、金融商品取引市場の相場の変動、為替相場の変動等により預り資産の時価評価額は大きく変動する可能性があります。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割り込むことがあります。運用による損益はすべてお客さまに帰属します。
    • 一連のサービスに対し、手数料をご負担いただきます。手数料額は日々の時価評価に応じ計算され計算期間中累計されるため、事前に金額または上限を表示することができません。ご負担いただく利用料等及びリスク情報につきましては契約締結前交付書面をご覧ください。
    • 「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」に基づく投資一任契約は預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。
    • ウェルスナビ株式会社は、法令に従い、お客さまの資産と当社の資産を明確に区別する分別管理を行っております。ウェルスナビ株式会社の破たんの場合でも、お客さまの資産は全額返還されます。また、万が一分別管理に不備があった場合でも、返還できないお客さまの資産について新しいウィンドウで開きます。日本投資者保護基金が1,000万円まで補償を行います。詳しくはウェルスナビ株式会社までお問い合わせください。
    • 「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」は当投資一任契約に基づくものであるため、原則としてお客さまが自ら有価証券の個別の売買注文を行うことはできません。
  • お問合せ先について
    • 「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」の口座開設手続きや操作方法、運用に関するご質問は、ウェルスナビ株式会社へお問合せください。
    • 「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」の口座開設申込画面までの進み方に関するご質問は、当社へお問合せください。
  • 商号等:

    住信SBIネット銀行 株式会社
    登録金融機関 関東財務局長(登金)第636号
    加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

    ウェルスナビ株式会社
    金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2884号
    加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

お客さまサイトへログイン

金融機関コード(銀行コード):0038

口座開設

お取引体験デモ画面 新しいウィンドウで開きます。

動画ガイド

システムメンテナンスのお知らせ 新しいウィンドウで開きます。

<不正取引を未然に防ぐ>スマート認証
新聞でも話題のロボット投資 「ロボアドバイザー」サービス開始 今ならキャンペーン実施中

PR情報