ウィンドウを閉じる

デビット利用規定 - 新旧対照表

2019年4月1日改定

第1条(適用範囲)
本規定は、住信SBIネット銀行株式会社(以下「当社」といいます)が提供するデビットサービス(以下「本サービス」といい、次条において定義します)をご利用いただく際に適用されるものとします。また、売買取引等に付随して発生する事項についても、本規定が適用されるものとします。
第1条(適用範囲)
本規定は、住信SBIネット銀行株式会社(以下「当社」といいます)が提供するVisaデビットサービス(以下「本サービス」といい、次条において定義します)をご利用いただく際に適用されるものとします。また、売買取引等に付随して発生する事項についても、本規定が適用されるものとします。
第2条(用語の定義)
本規定における用語の定義は、以下の各号に定めるとおりとします。
  1. 「加盟店等」とは、Visa Inc.もしくはMastercard Asia/Pacific Pte.Ltd. (以下「国際提携組織」といいます)と提携した金融機関またはクレジット会社(以下「アクワイヤラ」といいます)の加盟店および当社が指定した(または国際提携組織と提携した金融機関等による)ATM・現金自動入出金機を統括する金融機関等をいいます。
第2条(用語の定義)
本規定における用語の定義は、以下の各号に定めるとおりとします。
  1. 「加盟店等」とは、Visa Inc. (以下「国際提携組織」といいます)と提携した金融機関またはクレジット会社(以下「アクワイヤラ」といいます)の加盟店および当社が指定した(または国際提携組織と提携した金融機関等による)ATM・現金自動入出金機を統括する金融機関等をいいます。
第4条(デビットカードの発行と管理)
  1. 当社は、前条の利用契約成立後、会員氏名・デビットカード番号・デビットカードの有効期限等を表示したデビットカードを発行し、これを会員に貸与します。(以下、デビットカードに表示された情報と第6条に定めるデビット暗証番号を総称して「デビットカード情報」といい、デビットカード情報のみの利用もデビットカードの利用に含まれるものとします。)
    なお、会員1人(法人口座の場合1法人)が借受けられるデビットカード枚数の上限は、当社が別途定めるものとします。
第4条(デビットカードの発行と管理)
  1. 当社は、前条の利用契約成立後、会員氏名・Visaデビット番号・デビットカードの有効期限等を表示したデビットカードを発行し、これを会員に貸与します。(以下、デビットカードに表示された情報と第6条に定めるVisaデビット暗証番号を総称して「デビットカード情報」といい、デビットカード情報のみの利用もデビットカードの利用に含まれるものとします。)
    なお、会員1人(法人口座の場合1法人)が借受けられるデビットカード枚数の上限は、当社が別途定めるものとします。
第4条の2(デビットカードの会費と手数料等)
  1. デビットカードには、国際提携組織により一般カード、プラチナカード等の種類があり、会員は、デビットカードの種類によっては、当社所定の会費を支払うものとします。また、事由の如何を問わず会員が支払った会費は返還されず、会員はこれを異議なく承諾するものとします。なお、会員は、デビットカードの種類や発行体系により別途特約がある場合は、その特約に従うものとします。
  2. 会員は、デビットカードの種類に従い当社所定の発行手数料を支払うものとします。また、事由の如何を問わず会員が支払った発行手数料は返還されず、会員はこれを異議なく承諾するものとします。なお、会員がデビットカードの種類の変更及びデビットカード券面の変更を当社に申し出る場合も同様とします。
第4条の2 【新設】
第6条(暗証番号)
  1. 会員は、デビットカードの利用に先立ち、当社所定の手続きにより、本サービス用の暗証番号(以下「デビット暗証番号」といいます)を当社に登録するものとします。なお、会員はデビット暗証番号を他人に知られないよう、善良なる管理者の注意をもって管理するものとします。当社に責のある場合を除き、会員はデビット暗証番号が使用されて生じた一切の債務、損害等については、自己においてその責を負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  2. 当社は、前項により登録されたデビット暗証番号の照会・変更を受け付けません。会員は、デビット暗証番号を失念した場合、あるいはデビット暗証番号の変更を希望する場合、当社所定の手続きによりデビットカードの再発行を申し込むものとします。
第6条(暗証番号)
  1. 会員は、デビットカードの利用に先立ち、当社所定の手続きにより、本サービス用の暗証番号(以下「Visaデビット暗証番号」といいます)を当社に登録するものとします。なお、会員はVisaデビット暗証番号を他人に知られないよう、善良なる管理者の注意をもって管理するものとします。当社に責のある場合を除き、会員はVisaデビット暗証番号が使用されて生じた一切の債務、損害等については、自己においてその責を負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  2. 当社は、前項により登録されたVisaデビット暗証番号の照会・変更を受け付けません。会員は、Visaデビット暗証番号を失念した場合、あるいはVisaデビット暗証番号の変更を希望する場合、当社所定の手続きによりデビットカードの再発行を申し込むものとします。
第6条の2(本人認証サービス)
  1. 会員は、VISA認証サービスもしくはMastercard SecureCode(マスターカードセキュアコード)(以下「本人認証サービス」といいます)に対応した加盟店で電子商取引を行う際、本人認証サービスの設定を行うことを通じて登録した専用パスワードを含む所定の認証情報(以下「認証情報」といいます)を入力することにより、本人認証サービスを利用することができます。会員は、認証情報が、本人認証サービスの認証情報として利用されることに同意します。
第6条の2(本人認証サービス)
  1. 会員は、VISA認証サービス(以下「本人認証サービス」といいます)に対応した加盟店で電子商取引を行う際、本人認証サービスの設定を行うことを通じて登録した専用パスワードを含む所定の認証情報(以下「認証情報」といいます)を入力することにより、本人認証サービスを利用することができます。会員は、認証情報が、本人認証サービスの認証情報として利用されることに同意します。

2019年1月10日改定

第6条の2(本人認証サービス)
  1. 会員は、VISA認証サービス(以下「本人認証サービス」といいます)に対応した加盟店で電子商取引を行う際、本人認証サービスの設定を行うことを通じて登録した専用パスワードを含む所定の認証情報(以下「認証情報」といいます)を入力することにより、本人認証サービスを利用することができます。会員は、認証情報が、本人認証サービスの認証情報として利用されることに同意します。
  2. 会員は、認証情報を他人に知られないよう、善良なる管理者の注意をもって管理するものとします。当社に責のある場合を除き、会員は認証情報が使用されて生じた一切の債務、損害等については、自己においてその責を負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  3. カードの再発行で会員番号が変更となった場合、認証情報は無効となります。この場合、会員は改めて本人認証サービスの設定を行うことにより、本人認証サービスが利用できるようになります。また、認証情報を失念した場合も、会員は改めて本人認証サービスの設定を行うことにより、本人認証サービスが利用できるようになります。
  4. 本人認証サービスは、退会、会員資格の取消しまたは喪失により、自動的に利用できなくなります。なお、本人認証サービスは、それ以外の方法により、会員が任意に利用を停止することはできません。
  5. 当社は、WEBサイトに通知するなど所定の方法で会員に通知することにより、本人認証サービスを任意に中止できるものとします。その結果、会員に不利益が生じたとしても、当社に責のある場合を除き、当社は一切責任を負わないものとします。

2018年6月15日改定

第6条(暗証番号)
  1. 会員は、デビットカードの利用に先立ち、当社所定の手続きにより、本サービス用の暗証番号(以下「Visaデビット暗証番号」といいます)を当社に登録するものとします。なお、会員はVisaデビット暗証番号を他人に知られないよう、善良なる管理者の注意をもって管理するものとします。当社に責のある場合を除き、会員はVisaデビット暗証番号が使用されて生じた一切の債務、損害等については、自己においてその責を負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  2. 当社は、前項により登録されたVisaデビット暗証番号の照会・変更を受け付けません。会員は、Visaデビット暗証番号を失念した場合、あるいはVisaデビット暗証番号の変更を希望する場合、当社所定の手続きによりデビットカードの再発行を申し込むものとします。
  3. 前項の定めにかかわらず、キャッシュカード暗証番号(キャッシュカード規定に基づき会員から届出られる暗証番号をいいます)を失念した場合の取扱いについては、銀行取引規定第7条が適用されるものとします。
第6条(暗証番号)
  1. 会員は、デビットカードの利用に先立ち、当社所定の手続きにより、本サービス用の暗証番号(以下「Visaデビット暗証番号」といいます)を当社に登録するものとします。なお、生年月日、電話番号等、第三者に推測されやすい番号をVisaデビット暗証番号として登録しないものとし、当社は、それにより生じた損害について責任を負いません。
  2. 当社は、前項により登録されたVisaデビット暗証番号の照会・変更を受け付けません。会員は、Visaデビット暗証番号を失念した場合、あるいはVisaデビット暗証番号の変更を希望する場合、当社所定の手続きによりデビットカードの再発行を申し込むものとします。
  3. 前項の定めにかかわらず、キャッシュカード暗証番号(キャッシュカード規定に基づき会員から届出られる暗証番号をいいます)を失念した場合の取扱いについては、銀行取引規定第7条が適用されるものとします。