ウィンドウを閉じる

総合振込(ダイアルアップ接続(FB方式))サービス利用規定 - 新旧対照表

2020年4月1日改定

お客さまは、住信SBIネット銀行(以下「当社」といいます。)と総合振込(ダイアルアップ接続(FB方式))サービスにかかる取引を行う場合は、この規定(以下「本規定」といいます。)における下記条項のほか、別途定める各取引に係る規定に従うことに同意するものとします。 (追加)
第1条(総合振込(ダイアルアップ接続(FB方式))サービスの内容等)
  1. サービスの内容
    この規定でいう「総合振込(ダイアルアップ接続(FB方式))サービス」(以下「本サービス」といいます)とは、当社に対し所定の申込手続を完了した方(以下「お客さま」といいます)が、当社との取引に関するデータをお客さまのパソコン等(以下「使用端末」といいます)からデータ伝送により授受し、あらかじめお客さまが指定したお客さま名義の預金口座(以下「支払指定口座」という)から振込資金を引落しのうえ、お客さまが指定した当社または全銀システム加盟の金融機関の国内本支店の預金口座あての振込を依頼するサービスをいいます。
  2. 本人確認手段
    1. 本サービスのご利用にあたっては、センター確認コード、パスワード、ファイルアクセスキーその他必要な事項を当社に届出てください。また、当社は、お客さまにダイアルアップ接続用のID・パスワード、当社の電話番号、IPアドレス等の情報を通知します(以下、お客さまが届出た内容と当社が通知した内容を総称して、「本人確認情報」といいます)。
    2. 当社は、お客さまによる本サービスの利用において、本人確認情報の一致を確認して取引をした場合は、本人確認情報につき不正使用・盗用および通信電文の改ざん・盗み見その他の事故があっても、そのために生じた損害については、当社の故意または過失により生じたものでない限り責任を負いません。本人確認情報は、第三者に知られたり盗難されないようお客さまご本人が厳重に管理するものとします。
    3. 本人確認情報が第三者に知られたり盗難された場合、またはそのおそれがある場合には、お客さまは当社所定の時間内に当社に届出るものとします。当社は本サービスの利用を停止します。
    4. お客さまが届出と異なる本人確認情報の入力を、当社所定の回数以上を連続して行なったときは、当社は本サービスの利用を停止します。本サービスの利用再開にあたっては、当社所定の方法により当社に届出てください。
  3. 本サービスの依頼
    1. 本サービスにおける1回あたりの振込金額は、あらかじめお客さまが指定した金額の範囲内とします。ただし、これらの金額は当社所定の金額の範囲内とします。また、1回の依頼により当社が受付可能な件数は当社所定の件数を上限とします。
    2. 依頼方法
      お客さまは、本サービスの依頼にあたり、振込指定日の前営業日の17時までに、当社所定の方法により本サービスにかかる振込取引の依頼データを当社に伝送するものとします。
      ② 略
      お客さまは、データ伝送とは別に、振込依頼明細の合計件数および金額等を記載した当社所定の書面を、当社指定のファクシミリ番号に送信して通知するものとします。
      ④ 略
      ⑤当社が受領したデータに瑕疵がある場合は、お客さまの責任においてデータを修正のうえ、すみやかに当社に伝送するものとします。
    3. お客さまは、本サービスにおいては、振込指定日の前営業日までに振込代り金を支払口座に入金することとします。当社は、払戻請求書等の提出を受けることなく、振込代り金を支払指定口座から自動的に引落します。また、領収書等は発行しないものとします。
    4. 前項に定める引落しができなかった場合(支払指定口座の解約や、預金の差押え等の場合のほか、やむをえない事情により当社が支払を不適当と認めた場合も含みます。)、お客さまからの振込依頼は取消されたものとして取り扱いができるものとします。
    5. 振込依頼内容の変更・組戻
      ①本サービスにおいて振込依頼の伝送後にその依頼内容を変更し、または取りやめる場合(いずれの場合も当社が認める場合に限ります。)には、次の訂正または組戻しの手続きにより取扱います。
      ア.~イ. 略
      ウ.組戻しされた振込資金は、お客さま名義の代表口座円普通預金に入金します。
      ②~③ 略
    6. 取引内容の確認
      ① 略
      お客さまと当社の間で取引内容について疑義が生じた場合には、当社が保存する電磁的記録等の記録内容を正当なものとして取扱います。
  4. 手数料
    1. 基本手数料その他本サービス利用にかかる手数料は、当社所定の日に、払戻請求書等なしで、あらかじめお客さまが指定した手数料引落口座から自動的に引落します。
    2. 当社は、基本手数料その他本サービス利用にかかる手数料を、お客さまに事前に通知することなく変更または新設することがあります。
  5. サービスの取扱時間
    本サービスの取扱時間は当社が別途定める時間内とします。ただし、当社はお客さまに事前に通知することなく取扱時間を変更する場合があります。
第1条(総合振込(ダイアルアップ接続(FB方式))サービスの内容等)
  1. サービスの内容
    この規定でいう「総合振込(ダイアルアップ接続(FB方式))サービス」(以下「本サービス」といいます)とは、当社に対し所定の申込手続を完了した方(以下「契約者」といいます)が、当社との取引に関するデータを契約者のパソコン等(以下「使用端末」といいます)からデータ伝送により授受し、あらかじめ契約者が指定した契約者名義の預金口座(以下「支払指定口座」という)から振込資金を引落しのうえ、契約者が指定した当社または全銀システム加盟の金融機関の国内本支店の預金口座あての振込を依頼するサービスをいいます。
  2. 本人確認手段
    1. 本サービスのご利用にあたっては、センター確認コード、パスワード、ファイルアクセスキーその他必要な事項を当社に届出てください。また、当社は、契約者にダイアルアップ接続用のID・パスワード、当社の電話番号、IPアドレス等の情報を通知します(以下、契約者が届出た内容と当社が通知した内容を総称して、「本人確認情報」といいます)。
    2. 当社は、契約者による本サービスの利用において、本人確認情報の一致を確認して取扱いましたうえは、本人確認情報につき不正使用・盗用および通信電文の改ざん・盗み見その他の事故があっても、そのために生じた損害については、当社の故意または過失により生じたものでない限り責任を負いません。本人確認情報は、第三者に知られたり盗難されないよう契約者ご本人が厳重に管理するものとします。
    3. 本人確認情報が第三者に知られたり盗難された場合、またはそのおそれがある場合には、契約者は当社所定の時間内に当社に届出るものとします。当社は本サービスの利用を停止します。
    4. 契約者が届出と異なる本人確認情報の入力を、当社所定の回数以上を連続して行なったときは、当社は本サービスの利用を停止します。本サービスの利用再開にあたっては、当社所定の方法により当社に届出てください。
  3. 本サービスの依頼
    1. 本サービスにおける1回あたりの振込金額は、あらかじめ契約者が指定した金額の範囲内とします。ただし、これらの金額は当社所定の金額の範囲内とします。また、1回の依頼により当社が受付可能な件数は当社所定の件数を上限とします。
    2. 依頼方法
      契約者は、本サービスの依頼にあたり、振込指定日の前営業日の17時までに、当社所定の方法により本サービスにかかる振込取引の依頼データを当社に伝送するものとします。
      ② 略
      契約者は、データ伝送とは別に、振込依頼明細の合計件数および金額等を記載した当社所定の書面を、当社指定のファクシミリ番号に送信して通知するものとします。
      ④ 略
      ⑤当社が受領したデータに瑕疵がある場合は、契約者の責任においてデータを修正のうえ、すみやかに当社に伝送するものとします。
    3. 契約者は、本サービスにおいては、振込指定日の前営業日までに振込代り金を支払口座に入金することとします。当社は、払戻請求書等の提出を受けることなく、振込代り金を支払指定口座から自動的に引落します。また、領収書等は発行しないものとします。
    4. 前項に定める引落しができなかった場合(支払指定口座の解約や、預金の差押え等の場合のほか、やむをえない事情により当社が支払を不適当と認めた場合も含みます。)、契約者からの振込依頼は取消されたものとして取り扱いができるものとします。
    5. 振込依頼内容の変更・組戻
      ①本サービスにおいて振込依頼の伝送後にその依頼内容を変更し、または取りやめる場合(いずれの場合も当社が認める場合に限ります。)には、次の訂正または組戻しの手続きにより取扱います。
      ア.~イ. 略
      ウ.組戻しされた振込資金は、契約者名義の代表口座円普通預金に入金します。
      ②~③ 略
    6. 取引内容の確認
      ① 略
      契約者と当社の間で取引内容について疑義が生じた場合には、当社が保存する電磁的記録等の記録内容を正当なものとして取扱います。
  4. 手数料
    1. 基本手数料その他本サービス利用にかかる手数料は、当社所定の日に、払戻請求書等なしで、あらかじめ契約者が指定した手数料引落口座から自動的に引落します。
    2. 当社は、基本手数料その他本サービス利用にかかる手数料を、契約者に事前に通知することなく変更または新設することがあります。
  5. サービスの取扱時間
    本サービスの取扱時間は当社が別途定める時間内とします。ただし、当社は契約者に事前に通知することなく取扱時間を変更する場合があります。
(削除) 第2条(届出事項の変更)
  1. 本人確認情報、支払指定口座、印章、名称、商号、住所、電話番号その他届出事項に変更があった場合には、直ちに当社所定の書面等により届出てください。
  2. 前項の届出の前に生じた損害については、当社は責任を負いません。
  3. 第1項による届出事項の変更の届出がなかったために、当社からの通知または送付する書類等が延着しまたは到達しなかった場合には、通常到達すべき時に到達したものとみなします。
(削除) 第3条(免責事項)
  1. 次の各号の事由により振込・振替金の入金不能、入金遅延等があっても、これによって生じた損害については、当社は責任を負いません。
    1. 地震や洪水等の自然災害、戦争、内乱、暴動等の事変、その他のやむをえない事由があったとき
    2. 法令に基づく行政機関等の措置により、本サービスの全部又は一部が停止されたとき
    3. 当社または金融機関の共同システムの運営体が相当の安全対策を構築したにもかかわらず、通信機械およびコンピュータ等の障害が生じたとき
    4. 当社の責によらない回線障害、電話の不通、通信業者のシステム障害等が生じたとき
    5. 当社以外の金融機関の責に帰すべき事由があったとき
  2. 当社が本人確認情報の一致を確認して取扱いましたうえは、本人確認情報につき不正使用・盗用および通信電文の改ざん・盗み見その他の事故があっても、そのために生じた損害については、当社は、当社の故意または過失により生じたものでない限り責任を負いません。
  3. 当社は、当社所定のブラウザソフトの内容、状態、機能、作用等について、何らの保証をするものではありません。
  4. 契約者が提出した書面等に使用された印影を当社が届出の印鑑と相当の注意をもって照合し、相違ないものと認めて取扱を行なった場合は、それらの書面または印影につき偽造、変造、盗用その他の事故があっても、そのために生じた損害について、当社は責任を負いません。
2条(解約等)

  1. (削除)
  2. お客さまに次の各号の事由が一つでも生じたときは、当社はいつでも本サービス利用契約を解約することができます。この場合、当社がお客さまにその旨の通知を発信した時に解約されたものとします。
    (1)~(7) 略
    1. 住所変更の届出を怠るなどお客さまの責に帰すべき事由によって、当社においてお客さまの所在が不明となったとき
  3. 当社は、事前にお客さまに通知することなく本サービスを休止することができます。そのために生じた損害について当社は責任を負いません。
  4. 本サービス利用契約が解約等により終了した場合には、その時までに振込・振替の処理が完了していない取引の依頼については、当社はその処理をする義務を負いません。
  5. お客さまが本サービス利用契約を月の途中で解約した場合であっても、基本手数料の払戻しはなされません。また、解約時点までに支払いの完了していない振込手数料等について、支払い義務が免除されるものではありません。
4条(解約等)
  1. 当社が解約の通知を届出の住所にあてて発信した場合に、その通知が延着しまたは到達しなかったときは、通常到達すべき時に到達したものとみなします。
  2. 契約者に次の各号の事由が一つでも生じたときは、当社はいつでも利用契約を解約することができます。この場合、当社が契約者にその旨の通知を発信した時に解約されたものとします。
    (1)~(7) 略
    1. 住所変更の届出を怠るなど契約者の責に帰すべき事由によって、当社において契約者の所在が不明となったとき
  3. 当社は、事前に契約者に通知することなくサービスを休止することができます。そのために生じた損害について当社は責任を負いません。
  4. この契約が解約等により終了した場合には、その時までに振込・振替の処理が完了していない取引の依頼については、当社はその処理をする義務を負いません。
  5. 契約者が本サービスを月の途中で解約した場合であっても、基本手数料の払戻しはなされません。また、解約時点までに支払いの完了していない振込手数料等について、支払い義務が免除されるものではありません。
(削除) 第5条(サービスの廃止)
当社は、相当な期間の事前の告知をもって本サービスを停止、または廃止することができます。この場合、契約者は当社に対し一切の異議を申し立てないこととします。
(削除) 第6条(準拠法と管轄)
本規定は日本法に準拠し、日本法に基づき解釈されるものとします。本規定に基づく諸取引に関して訴訟の必要が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
3条(規定の準用)
本規定に定めのない事項については、銀行取引規定のほか、当社の他の規定、規則などすべて当社の定めるところによるものとします。当社の他の規定、規則などは当社WEBサイトへの掲示により告知します。
7条(規定の準用)
この規定に定めのない事項については、当社の定めるほかの規定により取扱います。当社の規定は、当社WEBサイトに掲示します。
4条(規定の変更等)
当社は、次の各号に該当する場合には、あらかじめ、効力発生日を定め、本規定を変更する旨、変更後の内容および効力発生日を、当社WEBサイトにおいて公表するほか、必要があるときにはその他相当な方法で周知した上で、本規定を変更することができます。
  1. 変更の内容がお客さまの一般の利益に適合するとき。
  2. 変更の内容が、本規定に基づくお客さまと当社との契約の目的に反せず、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らし、合理的なものであるとき。
8条(規定の変更等)
  1. 当社は、この規定の内容を変更する場合があります。その場合には、当社は変更日・変更内容を当社WEBサイト上に掲示することにより告知し、変更日以降は変更後の内容により取扱うものとします。
  2. 契約者は、変更内容に同意しない場合には、その旨を当社に通知するものとします。当社は、同意しない旨の通知を受領しない場合には、契約者は変更内容に同意したものとみなします。また、変更に同意しない旨の通知があった場合には、当社は事前に通知することなく本利用契約を解約することができるものとします
5条(契約期間)
この契約の当初契約期間は契約日から起算して1年間とし、期間満了の30日前までにお客さままたは当社から特に申し出のない限り、契約期間満了日の翌日から1年間継続されるものとします。継続後も同様とします。
9条(契約期間)
この契約の当初契約期間は契約日から起算して1年間とし、契約者または当社から特に申し出のない限り、契約期間満了日の翌日から1年間継続されるものとします。継続後も同様とします。
(削除) 第10条
当社が不適当と判断した場合には、本サービス利用のご希望にそえない事がございますのでご了承ください。