住信SBIネット銀行
ヘルプQ&Aお問合せ 法人サービス

 

2017/06/28 22:59:29

[ ここから本文です ]

医療・がん保険 - SBI損保のがん保険 - 商品概要

SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)のご紹介

SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)

さらに、インターネットを活用して事業コストを削減し、保険料に反映させることで納得の保険料を実現!

(保険期間5年間、がん診断保険金なし)

加入例

(2016年7月現在)

SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)の4つのメリット

point1 ネットを活用した割安な保険料

支社・支店などを持たず、人や書類を極力介さずに主にインターネットを通じてお客さまと保険契約を結ぶことで、余計な中間コストを削減し、割安な保険料を提供します。

point2 実際にかかった治療費を実額補償

入院日数や通院日数に対して一定の保険金をお支払いするのではなく、実際にがん治療にかかった費用を、かかった分だけお支払いします。だから、がんの入院治療費は実質自己負担0円に!

  • ※公的医療保険制度にて保障されるべき金額(公的保険診療で可能な診療を自由診療にて行った場合の公的保険診療相当分、高額療養費相当額)はお支払いの対象となりません。

point3 先進医療だけでなく、先進医療にも当たらない最新のがん治療(自由診療)も補償

自由診療とは、公的医療保険制度の対象となるかどうかに関わらず、公的医療保険制度を利用しないで自費負担で受ける診療をいいます。例えば、海外ではがん治療に有効だと認められている新しい抗がん剤でも、国内では未承認で公的医療保険が適用されず、治療費の全額が自己負担になってしまいます。

がん治療において、最善の治療方法が自由診療となる場合も少なくありません。しかしながら、自由診療の治療費は全額自己負担になってしまうため、治療費が高額になってしまう場合があります。

お金の心配をせずに最善のがん治療を受けていただけるようSBI損保は自由診療による治療費も実額で補償します。

  • ※SBI損保の支払基準を満たす診療に限ります。

point4 通院治療費は最大1,000万円まで補償

近年のがん治療は入院よりも通院が主流になりつつあります。いまやがんの治療は入院よりも通院で治療することの方が多くなっています。(※1)
SBI損保のがん保険は抗がん剤治療による通院や退院後の補助療法まで実額で補償します。しかも、通院日数に制限なく、退院後も安心してがん治療を続けることができます。(※2)

  • ※1[出所]厚生労働省「平成26年 患者調査」

  • ※2 往診による治療や交通費等、直接治療に関係しない諸雑費は、お支払い対象外となります。

保険料試算申込みはこちらから

保険料試算申込みにすすむ

ご注意事項

商品について

SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)(がん治療費用保険)の詳細につきましては「新しいウィンドウで開きます。商品パンフレット」「新しいウィンドウで開きます。重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」「新しいウィンドウで開きます。ご契約のしおり」を必ずご確認ください。既往症(過去の病気)や健康状態などによっては、ご契約のお引受けを制限させていただく場合があります。
SBI損保のがん保険はご契約者さまと被保険者さまが同一の場合のみ、お取扱いをしております。

当商品はクーリング・オフ制度(ご契約のお申込みの撤回またはご契約の解除)の対象となります。なお、クーリング・オフ期間には一定の制限があります。詳しくは引受保険会社が作成する「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」または「ご契約のしおり」をご確認ください。

引受保険会社・代理店について

当社は、SBI損害保険株式会社(以下、「SBI損保」という)の保険取扱代理店であり、お客さまとSBI損保の保険契約締結の媒介を行うもので、保険契約締結の代理権および告知受領権はありません。したがいまして、保険契約は、お客さまからの保険契約のお申込みに対してSBI損保が承諾したときに有効に成立します。
引受保険会社が経営破綻した場合等には、保険金、解約返れい金等の支払いが一定期間凍結されたり金額が削減されることがあります。この保険は「損害保険契約者保護機構」の補償対象であり、経営破綻した場合の保険金、解約返れい金等は90%まで補償されます。
ご契約締結後、更改契約につきましては、引受保険会社であるSBI損保が直接お取扱いさせていただきます。

お申込みについて

  • ・ 法令上の規制により、お客さまのお勤め先や、お借入れのお申込状況等によっては、お申込みいただけない場合があります。

  • ・ 保険商品のお申込みの有無がお客さまと当社との他のお取引きに影響をおよぼすことは一切ありません。

ご注意

保険商品は預金保険制度の対象ではありません。
当サイトに記載しております保険商品は、引受保険会社が保険のお引受けを行う損害保険商品であり、預金ではありません。

Adobe Reader

新しいウィンドウで開きます。Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」のバージョン7以降が必要です。

  • * Adobe Readerはアドビシステムズ社より、無償で配布されています。

  • * アドビシステムズ、AdobeReaderおよびAdobeReaderのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

【取扱代理店】住信SBIネット銀行 株式会社
住所:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18階

【引受保険会社】SBI損害保険株式会社
住所:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18階

<お問合せ窓口>

 

SBI損保

住信SBIネット銀行

ご新規のお客さま、
お見積り・資料請求

SBI損保サポートデスク
フリーコール:0800-8880-105
受付時間:平日9:00〜17:30
(土・日曜日、祝日および12/31〜1/3を除きます)
IP電話などで繋がらない場合は
050-3786-0577(有料)

ご契約内容の変更・訂正・解約

SBI損保サポートデスク
フリーコール:0800-8880-181
受付時間:平日9:00〜17:30
(土・日曜日、祝日および12/31〜1/3を除きます)
IP電話などで繋がらない場合は
050-3786-0577(有料)

インターネットでのお見積り、
お申込操作について

SBI損保サポートデスク
フリーコール:0800-8880-270
受付時間:平日9:00〜17:30
(土・日曜日、祝日および12/31〜1/3を除きます)
IP電話などで繋がらない場合は
050-3786-0577(有料)

がんと診断された場合

SBI損保メディカルセンター
フリーコール0800-8880-773
受付時間:平日9:00〜17:30
(土・日曜日、祝日および12/31〜1/3を除きます)
IP電話などで繋がらない場合は
050-3786-0773(有料)

ご意見、ご要望、その他お問い合せ

フリーコール:0800-8888-836
受付時間:平日9:00〜17:00
(土・日曜日、祝日および12/31〜1/3を除きます)

住信SBIネット銀行 カスタマーセンター

0120-974-646(通話料無料)
携帯電話・PHS:0570-001-646(通話料有料)
国際電話:03-5363-7372(通話料有料)

平日9:00〜18:00、土・日・祝日9:00〜17:00(12月31日、1月1〜3日、5月3〜5日を除く)

  • ※自動音声(IVR)およびキャッシュカードまたは認証番号カードの紛失・拾得のご連絡は、24時間365日受付します。
  • ※ナビダイヤル(0570番号)は、携帯電話・PHSからは20秒10円(税抜)の通話料がかかります。
2016年7月 W-12-2844-005

現在の位置: ホーム 保険 医療・がん保険 SBI損保のがん保険(自由診療タイプ) - 商品概要

お客さまサイトへログイン

金融機関コード(銀行コード):0038

口座開設

お取引体験デモ画面 新しいウィンドウで開きます。

動画ガイド

システムメンテナンスのお知らせ 新しいウィンドウで開きます。

PR情報