ログアウト
メニュー

不動産担保ローン

----年--月--日時点

変動金利タイプ

2.95%8.9%

お借入金額:300万円以上~1億円以下
お借入期間:最長25年

  • ※ お借入後の金利は、毎年4月1日、10月1日の当社の短期プライムレートを基準として年2回金利の見直しを行い、6月、12月の約定返済日の翌日からそれぞれ新しい金利の適用となります。ただし、基準金利が大幅に変動した場合には、それ以外の日に適用している金利を見直すことがあります。
  • ※ 不動産担保ローンの金利は変動金利です。
  • ※ 金利は毎月見直します。また、実際の適用金利はお申込時ではなく、お借入日(お借入実行日の金利が適用されます。このため、お申込時の金利と異なる場合があります。

不動産担保ローンの特徴

特徴1
「おまとめ」して返済を一本化
特徴2
資金使途は原則自由(事業性資金を除く)
特徴3
住宅ローン返済中でもご利用可能

不動産担保ローンのお申込み

お申込み


ご利用いただけるかた

次の条件をすべて満たす個人のお客さまがご利用できます。

条件1

申込時年齢が満20歳以上で、完済時満75歳以下であること

条件2

原則として安定継続した収入のあること

条件3

保証会社の保証を受けられること

  • ※ 不動産担保ローンをご利用いただくには当社の代表口座が必要です。
  • ※ 法人のお客さまは利用できません。

計画的な完済が実現できます

「元利均等返済方式」のため、計画的な完済が実現できます。

A社カードローンの場合

お手軽さが特長のカードローンは、利用回数無制限のため、気付いたらつい限度額いっぱいまでご利用しがちです。

不動産担保ローンの場合

返済期間と回数を設定し、毎月一定額を返済していく方式なので、計画的な完済が可能です。返済期間は最長25年なのでライフプランに合わせて設定いただけます。


複数のお借入を「おまとめ」して返済負担を軽減

こんなかたにオススメ!
  • 複数社からお借入れがある
    毎月複数回の返済日。「どこに・いつ・いくら」なのかの管理も面倒でそれぞれの完済プランもバラバラ。
  • さらに他の用途でお借入れが必要
    子供の成長とともに教育資金の借入などを検討されている場合に。

「おまとめ」をした場合

不動産担保ローンなら、いくつもある借入先を「おまとめ」して一本化。

  • 毎月1回の返済になり、返済管理が楽になります。
  • 自動引き落としなので、口座にお金を入れておけば、返済を忘れる心配がありません。
  • 資金使途が原則自由なため、教育資金やリフォーム資金など、生活環境の変化にあわせた追加のお借入れが可能です。

住宅ローンを返済中でもご利用いただけます!

住宅ローンを返済中のお客さまでも、不動産担保ローンをご利用いただけます。
ローンが残っているためにあきらめていたお客さまも、お気軽にご相談・お申込みください。

まずは返済額・借換の試算

おトクさを実感してください!

シミュレーション

お借入れまでの流れ

仮審査のお申込みからお借入れまで3週間から1ヵ月程度の日数がかかりますので余裕を持ってお申込みください。
ただし、お申込みの状況や担保物件によっては1ヵ月以上かかる場合があります。

1. 仮審査
2. 正式審査
3. ご契約お手続き
4. ご融資実行
スマートプログラム
対象

ATM&振込手数料 無料回数UPのチャンス

今月の不動産担保ローンを含めた商品・サービスのご利用状況によって、翌々月のスマプロランクが決定します。スマプロランクに応じて、ATM&振込手数料の無料回数UP!

不動産担保ローンのお申込み

お申込み


よくあるご質問

ご注意事項

  • ※ 表示金利は----年--月--日現在の適用金利(年率)です。金利は毎月見直します。
    また、実際の適用金利はお申込時ではなく、お借入日(お借入実行日)の金利が適用されます。
    このため、お申込時の金利と異なる場合があります。
  • ※ お借入金利が利息制限法の上限を上回っていた場合は、過払い金が返還されるケースがありますのでご留意ください。詳しくは、お近くの消費生活センター、日本司法支援センター、弁護士会、司法書士会等にご相談ください。
    【ご参考】 利息制限法の上限金利の一覧(利息制限法第1条)
    元本が10万円未満の場合 年20%まで
    元本が10万円以上100万円未満の場合 年18%まで
    元本が100万円以上の場合 年15%まで
  • ※ 保証会社の審査は対面審査を原則とするため、電話または面接による聞き取りならびに担保物件の現地調査とその立会いなどがあります。
  • ※ 原則としてご本人所有の不動産に保証会社を抵当権者とする抵当権を設定していただきます。
不動産担保ローンメニュー