住信SBIネット銀行10th Anniversary
ヘルプQ&Aお問合せ 法人サービス

 

2017/12/12 09:32:33

[ ここから本文です ]

はじめてのFX - 住信SBIネット銀行が取扱う2つのFXの違い

住信SBIネット銀行が取扱う2つのFXの違い

主な商品性の違いは以下の通りです。

商品名

Oh!FX

商品概要はこちら

くりっく365

商品概要はこちら

取引形態
店頭取引
取引所取引
取引手数料
通常取引の場合 0円 
ミニ取引の場合 50円

  • ※片道、1取引単位あたり

50円(税込)
(ボリュームディスカウントあり。詳しくは 新しいウィンドウで開きます。 こちらをご覧ください。)
  • ※片道、1取引単位あたり

取引単位
通常取引の場合 10,000通貨〜
ミニ取引の場合 1,000通貨〜 
  • ※取引単位は通貨ペア毎に異なります

10,000通貨〜

  • ※取引単位は通貨ペア毎に異なります

取引通貨ペア
合計 20通貨ペア
  • 対円取引 17通貨ペア 

  • クロスカレンシー取引 3通貨ペア

取引通貨ペアの詳細はこちら

合計 25通貨ペア
  • 対円取引 14通貨ペア

  • クロスカレンシー取引 11通貨ペア

取引通貨ペアの詳細はこちら

スプレッド
1銭 
  • ※米ドル/円の場合

  • ※為替相場の変動によりスプレッド幅が変動

マーケットメイク制度 

マーケットメイカーから価格の提供を受け、その価格の中から最も安い売り価格と、最も高い買い価格を抽出し、リアルタイムで提供。

スワップポイント
日々のスワップポイントは、ロールオーバー取引後に未振替損益に反映。ロールオーバー取引の原則2営業日後に預託証拠金額に反映され、その後は出金が可能。
受取額と支払額が同じ 

日々のスワップポイントは、建玉(ポジション)を決済した日の原則 2 営業日後に、決済日までの日数分がまとめて証拠金額に反映。
スワップポイントのみの出金は不可。

レバレッジ

<個人のお客さま>
レバレッジ1(1倍前後)
レバレッジ3(3倍前後)
レバレッジ5(5倍前後)
レバレッジ10(10倍前後)
レバレッジ25(10倍〜25倍)
のうち5コースから選択

<法人のお客さま>(※)
レバレッジ30(上限30倍)

レバレッジ10(10倍前後)
レバレッジ25(15倍〜25倍)

の2コースから選択

証拠金
三井住友信託銀行へ全額預託
東京金融取引所へ全額預託
税金

申告分離課税 税率20%
雑所得として所得税15%、住民税5%の税率による申告分離課税となります。ただし、2013年1月1日〜2037年12月31日までは、復興特別所得税として、所得税の額に2.1%を乗じた金額(利益に対しては、0.315%)が追加的に課税されます。
詳しくは、税理士等の専門家にお問合せください

税制
  • “申告分離課税の雑所得”として、他の取引所の先物取引(株価指数先物取引、商品先物取引など)のほか、差金等決済をした他の先物取引との損益通算が可能になります。 したがって、くりっく365とOh!FXとの損益通算が可能になります。

  • 確定申告をした年に控除しきれない損失について、翌年から3年間にわたり繰越控除を受けることが可能です。

新しいウィンドウで開きます。 Oh! FX - 税金について

新しいウィンドウで開きます。 くりっく365 - 税金について

※法人のお客さまは、レバレッジコースの選択はできません(レバレッジ30を上限としたお取引きとなります。)。

金融機関コード(銀行コード):0038

ログイン

キーボード
<不正取引を未然に防ぐ>スマート認証

PR情報