ログアウト
メニュー

お知らせ

2010年10月7日
住信SBIネット銀行 株式会社

【住宅ローン】商品性一部改定のお知らせ

2010年10月1日(金)より、住宅ローンの商品性(住宅融資保険)を一部改定いたしました。改定項目の主な内容は以下のとおりです。

  • 固定金利特約タイプのご利用が可能となりました。
  • ミックス・ローンのご利用が可能となりました。
  • ペアローンのご利用が可能となりました。

当社が住宅融資保険を付保する場合、住宅融資保険を付保しない場合と比べて、取引上の制限がありましたが、今回の改定により、取引上の制限がなくなりました。
なお、今回の改定は、2010年10月1日以降に仮審査申込みをされたお客さまが対象となります。

改定となる商品は以下の3商品です。詳細につきましては、商品概要説明書をご覧ください。

  1. 住宅ローン(新規)商品概要説明書(新規)
  2. 住宅ローン(借換)商品概要説明書(借換)
  3. 住宅ローン(8疾病保障付住宅ローン)商品概要説明書(8疾病)
  • ※ 改定項目は以下のとおりです。
改定後 改定前
項目:金利タイプ

「変動金利タイプ」「固定金利特約タイプ」の2つの金利タイプからお選びいただけます。お借入れ後、どちらの金利タイプにも変更することができます。
(削除)

(略)

「変動金利タイプ」「固定金利特約タイプ」の2つの金利タイプからお選びいただけます。お借入れ後、どちらの金利タイプにも変更することができます。

  • 住宅融資保険を付保する場合は固定金利特約タイプがご利用いただけません。
    (変動金利タイプのみのご利用となります)

(略)

改定後 改定前
項目:金利タイプの変更

お借入れ中はご希望に応じて、「変動金利タイプ」「固定金利特約タイプ」を何度でもお選びいただけます。変更を希望される場合は、WEBサイトでの当社所定のお客さまの操作によりお申込みいただけます。
(削除)

(略)

お借入れ中はご希望に応じて、「変動金利タイプ」「固定金利特約タイプ」を何度でもお選びいただけます。変更を希望される場合は、WEBサイトでの当社所定のお客さまの操作によりお申込みいただけます。

  • 住宅融資保険を付保する場合は固定金利特約タイプがご利用いただけません。
    (変動金利タイプのみのご利用となります)

(略)

改定後 改定前
項目:住宅融資保険

当社の判断により、住宅融資保険を付保させていただく場合があります。

  • 住宅融資保険とは、独立行政法人住宅金融支援機構(以下「機構」といいます。)が行う金融機関の住宅ローン貸出に対する公的な信用保険であり、当社を契約者、機構を保険者とし、お客さまが当社に対する住宅ローンの返済の継続が困難となった場合等、所定の要件が認められたときに、機構が当社に対し保険金を支払うものです。
  • 保険金の支払いにより、当社から機構へ住宅ローン債権が移転されます。
  • 機構が当社に対し保険金を支払うまでは、お客さまと機構の間に直接の契約関係は生じません。
  • 機構が当社に対し保険金を支払った場合でも、これによりお客さまの住宅ローン債務が消滅するものではなく、機構が引続き当該債務の回収を行います。
  • 住宅融資保険の付保に係る保険料は、保険契約者である当社が負担いたします。

当社の判断により、住宅融資保険を付保させていただく場合があります。

  • 住宅融資保険とは、独立行政法人住宅金融支援機構が行う金融機関の住宅ローン貸出に対する公的な信用保険です。
  • 保険料は保険契約者である当社が負担いたします。
  • 住宅金融支援機構より支払われる保険金は当社が受取ります。当社が住宅金融支援機構から保険金の支払いを受けた場合、住宅ローン債権は住宅金融支援機構に移転されます。
  • 住宅融資保険の付保に際しては、当社所定の審査の他、住宅金融支援機構による所定の審査があります。審査の結果によってはご希望にそいかねる場合もあります。
  • 住宅融資保険を付保させていただく場合、下記のとおり、住宅融資保険を付保しない場合と比べ取引上の制限があります。
    【住宅融資保険を付保した場合の取引制限について】
    1. 固定金利特約タイプがご利用いただけません。
      (変動金利タイプのみのご利用となります)
    2. ミックス・ローンがご利用いただけません。
    3. ペアローンがご利用いただけません。
  • ※ 住宅ローンのお申込みにあたっては、当社所定の審査があります。審査の結果によってはお断りする場合もあります。
会社情報