ログアウト
メニュー

プレスリリース

2012年6月27日
住信SBIネット銀行株式会社

預金総残高2兆3,000億円突破のお知らせ

住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川島克哉、以下「住信SBIネット銀行」という)は、ネット専業銀行等※1で初めて預金総残高が2兆3,000億円を突破いたしました。※2 平成24年6月26日時点

住信SBIネット銀行では、平成24年5月28日より、「開業5周年記念特別企画※3」として、「円定期預金特別金利企画」等を実施しております。本企画については、多くのお客さまにお預入れいただいた結果、預金残高の積上げにつながりました。
なお、「円定期預金特別金利企画」については、平成24年7月9日からは1年ものの金利を年0.25%(税引後年0.20%)から年0.30%(税引後年0.24%)へ引上げる予定です。

また、元本保証で好金利な「プレーオフ」(預入期間延長型 円仕組預金)に関しては平成23年12月22日から商品性を改定したことで、これまでよりも好金利を実現できるようになりました。この点がお客さまに好評で、販売開始から約半年で約350億円のお預入れがあり、預金残高の積上げにつながりました。 現在、多くのお客さまに「プレーオフ」をご利用いただくため、「プレーオフお預入れで最大10,000円プレゼント※3」を実施中です。

以上のような取り組みから、幅広いお客さまのご支持を得て、預金総残高が2兆3,000億円を突破いたしました。

住信SBIネット銀行は平成24年9月24日に開業5周年を迎えますが、これからもお客さまに常に使っていただける「あなたのレギュラーバンク」を目指して、更なる利便性の向上と社会の発展に寄与する新しい価値の創造につとめてまいります。

  • ※1 平成12年以降に銀行業務に参入した8行(イオン銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、ソニー銀行、大和ネクスト銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行)
  • ※2 円普通預金、SBIハイブリッド預金、円定期預金、円仕組預金、外貨普通預金、外貨定期預金、外貨仕組預金の合計。外貨預金については住信SBIネット銀行所定レートによる円換算後。
  • ※3 キャンペーン等の詳細につきましては住信SBIネット銀行WEBサイトの「キャンペーン情報」にてご確認ください。)

以上

会社情報