2014/04/19 10:47:57

[ ここから本文です ]

セキュリティ - 通信環境における対策

商品・サービス一覧 - セキュリティ

住信SBIネット銀行では、インターネット専業銀行という特性から、システムの重要性かつ公共性を強く認識した金融機関として、お客さまに安心してサービスをご利用いただけるよう、高いレベルのセキュリティを常に維持・向上するため以下のように対策を行い、お客さまの情報を保護すべく万全を期しております。

SSL128bit暗号化による通信

住信SBIネット銀行のWEBサイトは、お客さまの情報をSSL3.0による通信によって暗号化し、保護しています。
SSLはインターネット上で交わされるデータを暗号化することで、内容を他人に知られないようにする規格です。ネットワーク上を流れるお客さまの個人情報は、暗号化技術としては事実上の世界標準である128bitSSLにより暗号化し、保護されます(ご利用いただいている環境でのファイアウォールの設定によってはSSLによる通信ができないことがあります。特に学校や会社内の端末からログインできない場合はネットワーク管理者にSSLによる通信が可能であるかをご確認ください)。

また、モバイル(携帯電話)サイトにおいても、パソコンと同様の128bitSSLにより暗号化しております。携帯電話の電波を受け取るゲートウェイサーバから当社まで専用線を敷設し、インターネット上から不正にアクセスできないように対策しております。

ベリサイン発行のデジタル証明書

住信SBIネット銀行では、グローバル・サーバIDのクラス3証明書という日本ベリサイン株式会社の定める高度な認証基準に基づき発行されるWEBサーバ用デジタル証明書を取得し、安全なWEBサイトを運営しております。
このデジタル証明書は、お客さまに対してWEBサイト運営主体である当社の実在性を証明し、WEBサーバ/ブラウザ・携帯端末間の通信を保護するSSL暗号化通信を利用可能にします。

ソフトウェアキーボード

「ソフトウェアキーボード」とは、お手元のキーボードデバイスを使わずに、マウスでクリックすることでログインパスワードを入力できる仕組みです。ログインパスワード情報が第3者に漏えいする危険性を減らし、安全なログインを行うことができます。

自動ログアウト機能

当社のWEBサイトにログイン後、画面上で一定時間操作を行わない場合、セキュリティ上の観点から、自動的にログアウトする設定になっております。

ファイアウォール

お客さまのデータ管理などに使用しているサーバは、ファイアウォールによって外部からの侵入を防止しています。

サーバ、システムの管理体制

当社のサーバならびにシステムは、365日24時間常時監視で運用されております。外部からの不正な侵入は兆候のある時点で発見し、これを未然に防ぐ体制をとっております。
また、万が一サーバや回線などで障害が起こった場合にも、お客さまの取引きが滞ることのないよう、万全の体制を整えております。

当社はフィッシング対策の一環として、新しいウィンドウで開きます。RSA FraudAction検知サービスを導入しております。

現在の位置: ホーム 商品サービス一覧 セキュリティ 通信環境における対策

重要なお知らせ

報道されておりますOpenSSLの脆弱性に関して、当社サイトにおいて、お客さまのお取引に影響のあるセキュリティ上の問題はないことを確認しております。

お客さまサイトへログイン

金融機関コード(銀行コード):0038

口座開設

お取引体験デモ画面 新しいウィンドウで開きます。

システムメンテナンスのお知らせ 新しいウィンドウで開きます。

<不正取引を未然に防ぐ>スマート認証
口座管理・家計簿ツール MoneyLook

PR情報