ログアウト
メニュー

お知らせ

2020年8月14日
住信SBIネット銀行株式会社

当社アプリ(Android版)においてアプリの権限を求める件について

2020年8月14日に以下のお知らせを掲載しましたが、多くのお客さまからご意見等をいただいておりますことを真摯に受け止め、当社にて再度検証をした結果、以下のとおりアプリを改修いたします。

「写真と動画の撮影」権限の削除(8月末から9月上旬削除予定)

現在、実装していない機能であるため、権限取得機能を削除いたします。

「電話の発信と管理」権限の削除・「デバイス内の写真やメディアへのアクセス」権限の削除(9月中旬から下旬削除予定)

上記権限は、スマート認証NEOの機能を実装するための権限でしたが、当社内において再検討および検証の結果、セキュリティレベルを維持したまま、権限を求めない方法に変更のうえ、上記スケジュールを目途に権限取得機能を削除いたします。

過去掲載したお知らせは以下になります。

当社アプリのAndroid版バージョン5.0におきまして起動時にアプリの権限を求めることがございます。こちらは2020年7月31日にリリースを行いました「スマート認証NEO」の仕様によるものとなります。
いずれの権限も当社がお客さまの個人情報や他アプリの情報等を取得するものではございませんので、何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

「スマート認証NEO」はサービスを利用するスマートフォンのみに保存された本人確認情報を利用して認証を行う方式で、従来のパスワードに変わる新しい認証技術(FIDO)を用いています。認証に用いるデータがネットワークを経由せず端末のみに保管されているため、IDやパスワードなどの認証情報が漏洩するリスクが低く、より安心安全なお取引が可能となります。
また、当社「スマート認証NEO」ではFIDOの標準仕様に準拠して実装されており、お客さまのスマートフォンに保存されている各種情報を用いて認証を行っております。
これらの情報をアプリが参照しセキュアに認証を行うために各権限を求めているものであり、決してお客さまの個人情報等をアプリが不正に取得しているものではございませんのでご安心してご利用いただければ幸いです。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

「電話の発信と管理」について

お客さまの端末識別番号を取得するために使用しております。この端末識別番号により作られたアプリ独自の識別子をもって、お客さまの端末を特定することが目的であり、本機能を許可いただいても当社が電話の発信や通話を管理することはございません。また、お客さまの連絡先情報は参照しておりません。

「デバイス内の写真やメディアへのアクセス」について

お客さまのスマートフォン内に認証で用いるための情報を暗号化して保存し、アプリがアクセスするために使用しております。お客さまが保存されている写真などの個人情報を取得することはございません。

「写真と動画の撮影」について

今後、提供予定の新サービスにおいて、アプリがQRコードを読み取るための権限です。アプリがお客さまの許可なく勝手に撮影を行うことはございません。

いずれもパスワード入力を不要とし、よりセキュアに認証を行うためにアプリが必要な情報へのアクセス許可を設定するものです。
すべての権限を許可していただくと、当社アプリを起動することができます。
上記権限の許可については、アプリ起動時に表示されるポップアップで「許可」をタップしていただくか、お使いのAndroidデバイスの設定からアプリ「住信SBIネット銀行」の「アプリの権限」より有効にすることができます。

繰り返しになりますが、いずれの権限も当社がお客さまの個人情報や他アプリの情報等を取得するものではございませんので、 何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

  • ※ FIDOとは
    FIDO認証は、FIDOアライアンスによって策定されたパスワードに替わる新しい認証技術です。従来のサーバやネットワークで本人確認情報を管理する認証方法とは異なり、サービスを利用する端末側で本人確認情報を管理します。例えば生体認証を利用する場合、生体情報は利用者が登録した端末にのみ保管されるため、インターネット上の不正取得等による情報漏洩リスクが低く、安心安全なお取引が可能となります。

なお、2020年7月31日にリリースをしました「スマート認証NEO」については、以下よりご確認をお願いいたします。

以上

会社情報