ログアウト
メニュー

SBIハイブリッド預金SBI証券での取引時の資金振替の流れ

SBI 証券でのお取引イメージ(購入・売却)

SBI 証券口座と連動して、株式・投資信託・債券等の金融商品の取引が簡単に行えます。
SBIハイブリッド預金をご利用の場合、SBI 証券の取引にともなう代金の受渡しは、SBIハイブリッド預金とSBI 証券との間で自動的に振替えられます。お客さまによる操作は必要ありません。


購入の場合(株式・投資信託・債券等)

SBIハイブリッド預金の残高がSBI 証券の買付余力に反映し、SBI 証券でのお取引に利用できます。
買付後は、受渡日に自動的にSBI 証券へ振替えられて、精算代金に充当されます。

お取引例 SBIハイブリッド預金に150万円の残高がある状態で、100万円の株式を購入
お取引イメージ 購入金額がSBIハイブリッド預金からSBI 証券口座に自動振替され、株式を購入します。

売却の場合(株式・投資信託・債券等)

SBI 証券での売却取引後、売却代金は受渡日に自動的にSBIハイブリッド預金に振替えられます。
SBIハイブリッド預金に振替後、代表口座円普通預金へ振替えることで、住信SBIネット銀行からの出金も可能です。

振替上限設定がない場合

お取引例 SBIハイブリッド預金に70万円、SBI 証券有価証券に50万円の残高がある状態で、50万円分の株式を売却
お取引イメージ 売却金額全額がSBI証券口座からSBIハイブリッド預金に自動振替されます。

振替上限設定がある場合

お取引例 100万円の振替上限設定をして、SBIハイブリッド預金に70万円、SBI 証券有価証券に50万円の残高がある状態で、50万円分の株式を売却
お取引イメージ 売却金額の一部(振替上限設定を超える金額)はSBI 証券口座に残ります。
SBI ハイブリッド預金への振替上限金額の設定

SBI ハイブリッド預金の振替上限金額は、お客さま毎に設定が可能です。SBI 証券の証券口座の残高や株式等の売却代金のうち、設定した上限金額を超える資金は、SBI 証券口座内に留保されます。
また、当社内におけるSBI ハイブリッド預金への振替などで、設定した上限金額を超える資金は、SBI ハイブリッド預金からSBI 証券口座に振替えられますのでご注意ください。
(SBI ハイブリッド預金からSBI 証券の証券口座に資金が移動されます。)
なお、振替のタイミングによっては、設定された上限金額を超えて振替される場合があります。
SBI 証券での設定となりますので、手続きはSBI 証券WEBサイトから行ってください。


株式の同日売却・購入

振替上限金額設定があり、SBI 証券口座に現金残高がある状態で株式を売却後、同日に別の株式を購入する場合

お取引例 100万円の振替上限設定をして、SBIハイブリッド預金に100万円、SBI 証券有価証券に30万円の残高がある状態で、30万円分の株式を売却後、50万円分の株式を購入
お取引イメージ 株式購入金額の不足分がSBIハイブリッド預金からSBI 証券口座に自動振替されます。

その他

SBI 証券の証券口座に直接現金を入金をした場合

お取引例 SBIハイブリッド預金に80万円の残高がある状態で、直接SBI 証券口座に20万円の入金
お取引イメージ 入金日翌営業日に、SBI 証券口座よりSBIハイブリッド預金に自動振替(入金)されます。
新規上場(IPO)銘柄の売買について

SBIハイブリッド預金の残高は、SBI証券でのブックビルディングの買付余力としてご利用いただけますが、新規上場(IPO)銘柄の上場後の売買に関する規制措置銘柄(いわゆる即金規制)の買付代金としては利用いただけません。
当日付で証券総合口座に現金が必要な即金規制銘柄の買付注文をする場合は、即時決済サービスをご利用いただくことで、SBIハイブリッド預金からお客さまのSBI証券の総合口座に即時にご入金いただけます。
なお、SBI証券の総合口座への資金移動後は、SBI ハイブリッド預金へ自動的に資金振替が実施されます。 資金振替タイミングについては以下をご確認ください。


SBI 証券口座からSBIハイブリッド預金口座への振替タイミング(株式売却時など)

SBI 証券口座で株式などの商品を売却した場合、売却代金は各商品の受渡日当日にSBIハイブリッド預金口座に自動的に振替えられます。(株式の場合、約定日の4営業日後に振替)

株式を300万円分売却した場合の振替タイミング

  株式 SBI 証券 買付余力 SBIハイブリッド預金
売却日 300万円 300万円 0円
売却翌日から
受渡日前日まで
0円 300万円 0円
受渡日 0円 300万円 300万円
  • ※ SBIハイブリッド預金の申込み後、最初のSBI 証券からSBIハイブリッド預金への資金振替については、ご利用開始日の翌SBI 証券営業日となります。

SBI 証券の「受渡日」とは?

受渡日とは株式などの商品を売却した注文の決済(商品と現金の交換)をする日になります。
売却注文をした場合、商品の売却取引が成立(約定)していても、受渡日まで現金化はできませんので注意が必要です。


信用取引をご利用のお客さまの場合

  • 株式等の現物取引または建玉の現引を行った場合
  • 新規建を行った場合
  • 建玉の返済を行った場合
  • SBI 証券の証券口座に入金をした場合
  • SBI 証券の証券口座から出金指示、先物・FX等の保証金の振替指示を行った場合
  • 建玉はあるが、特に取引は行っていない場合

の、資金振替タイミングについては以下のQ&Aをご確認ください。

SBIハイブリッド預金の入金・出金

振替

SBIハイブリッド預金メニュー