住信SBIネット銀行10th Anniversary
ヘルプQ&Aお問合せ 法人サービス

 

2017/10/23 17:09:49

[ ここから本文です ]

はじめての住宅ローン−元利均等返済と元金均等返済

はじめての住宅ローン−元利均等返済と元金均等返済

元利均等返済と元金均等返済、ボーナス返済(半年毎増額返済)について。

住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類があり、毎月の返済額は元金分と利息分を合計したものとなります。返済方法の違いにより、毎月の返済額および総返済額が変わってきます。
それぞれのメリット・デメリットを理解して、あなたに合った選択をしましょう。

元利均等返済と元金均等返済の仕組みと特長

返済方法を考える際、総返済額が抑えられるいう理由で「元金均等返済」に魅力を感じる人も少なくないかと思いますが、一般的には返済計画の立てやすさから「元利均等返済」が選ばれる傾向にあります。

  • ※元利均等返済でも「繰上返済」を行なうことで、計画的に総返済額を低減することが可能です。

  元利均等返済 元金均等返済
特徴

毎月の返済額が変わらない

元金と利息を合わせた返済額は変わらず、返済金額に占める元金と利息の割合がだんだん変化する返済方法。

当初の返済額が多い

元金を返済期間で均等に割り、残高に応じて利息を計算し、毎月の返済額を算出する返済方法。

メリット

返済額の把握ができるので、将来の家計収支も予想しやすくなる。

総返済額は元利均等返済よりも少ない。

デメリット

元金均等にくらべ、総返済額が多くなる。

当初の返済負担が大きい。
借入時の収入次第では、借入可能額が少なくなってしまう場合がある。

元利均等返済と元金均等返済の返済額比較
(例)借入額 1,000万円 金利 年3.0%(固定) 返済回数 240回(20年)ボーナス返済なしと仮定した場合
  元利均等返済の場合 元金均等返済の場合
初回の返済額 55,459円 66,666円
10年目の返済額 55,459円 54,270円
20年目の返済額 55,459円 41,770円
総返済額 13,310,255円 13,012,429円
支払利息総額 3,310,255円 3,012,429円

ボーナス払い(半年毎増額返済)について

毎月の返済に加えて半年毎(6ヵ月毎)に増額返済額をお支払いいただく返済方法で、年2回のボーナス月に上乗せして返済するのが一般的です。

ただし、ボーナス(賞与)は景気や企業業績によって変動する収入ですので、過度に負担額を大きくしないように計画してください。

金融機関コード(銀行コード):0038

ログイン

キーボード
おすすめ情報
<不正取引を未然に防ぐ>スマート認証

PR情報