ヘルプQ&Aお問合せ

 

2018/09/20 02:06:38

[ ここから本文です ]

仕組預金をもっと知ろう ‐ 外貨プレーオフとは

外貨プレーオフとは

外貨で申込み、預入期間が変わる可能性がある「外貨プレーオフ」の特徴

必ずお読みください 外貨プレーオフのリスク等

好金利の外貨仕組預金 外貨プレーオフ

預入期間
5
預入通貨
外貨
受取元本
外貨
受取利息
外貨

外貨預金を長期間運用したいかたにおすすめ!  預入期間が1年から最長5年まで変動します。

外貨プレーオフの特徴

外貨定期預金と同じように、外貨で預け入れ、外貨で元本と利息を受け取る預金です。原則、中途解約ができず、預入期間を選べないという条件があるかわりに、好金利を実現しています。

利息は満期日まで毎年受取ることができます。

  • 預入期間が選べないかわりに好金利
  • 2通貨から選べます
  • 預入期間は最長5年
  • ※市場金利情勢次第では、募集を行わない可能性があります。
こんな方にオススメ!
  • 長期間で外貨運用をお考えのかた

  • 預けたままの外貨預金がある

  • 外貨定期預金の金利では満足できない

  • なるべく高い金利で運用したい

どんなときに預入期間が延長されるの?

「外貨プレーオフ」の預入期間は、預入後1年ごとに最大4回見直され、最短で1年、最長で5年となります。
では、どのようなときに預入期間が延長されるのでしょうか?

ポイントは、期間延長の決定日の「市場金利」と「延長後の金利」の比較です。

延長されず、満期となる場合

期間延長の決定日に、次の期間の金利が市場金利よりも高い場合は、延長されない可能性が高くなります。

延長となる場合

期間延長の決定日に、次の期間の金利が市場金利よりも低い場合は、延長される可能性が高くなります。

  • ※延長後の金利とは、あくまで参考目安であり、延長特約を行使するかどうかの最終判断については当社が決定し、WEBサイトで発表します。また、預金の期間延長の決定に際しては、「将来における金利の変動性」や「当社の資金調達環境」なども判断要素となります。
「フラット型」と「ステップアップ型」どちらを選べばいいの?

外貨プレーオフの金利は、預入期間中の金利が一定なフラット型と、満期が延長される度に金利が上がるステップアップ型があります。

  • 金利が毎年一定の「フラット型」
  • 金利が年々上昇する「ステップアップ型」

外貨プレーオフの金利は募集回ごとに設定されていますが、一般的に、当初の金利はフラット型のほうが高く設定されているため、「預入期間は長くならない」と予想される場合はフラット型が選ばれ、「預入期間は長くなる」と予想される場合はステップアップ型が選ばれています。市場金利の動向や過去の実績なども確認のうえ決定しましょう。

過去の募集実績を確認する

リスクは「途中解約ができない」「預入期間を選べない」こと

外貨プレーオフは、好金利が魅力な外貨仕組預金ですが、預入期間中は、金利動向などによって、当初預入期間の1年から最長5年まで満期日が延長される可能性があります。
また、期間延長の有無にかかわらず原則として中途解約はできません。

そのため、満期日まで使う予定のない余裕資金でお預入れすることが重要です。

金融機関コード(銀行コード):0038

ログイン

キーボード
<不正取引を未然に防ぐ>スマート認証

PR情報