住信SBIネット銀行10th Anniversary
ヘルプQ&Aお問合せ 法人サービス

 

2017/08/24 15:55:09

[ ここから本文です ]

外貨送金サービス(法人のお客さま) - 送金の流れ

外貨送金サービスによる送金の流れ

1

外貨送金サービスにログイン

新しいウィンドウで開きます。外貨送金サービスのログイン画面から、外貨送金サービス用のIDとパスワードでログインをしてください。外貨送金サービスの利用は、事前のお申込みが必要です。お申込みいただく場合は、当社カスタマーセンターまでご連絡ください。

2

送金依頼を行う

外貨送金依頼作成メニューから、送金依頼内容をご入力ください。
ご担当者さまがご入力されたのち、承認者さまにて送金の内容をご確認いただき、問題なければ当社宛に送信してください。

  • ※必ず送金指定日の2営業日前までに送金依頼を行ってください。送金指定日が依頼日から2営業日未満の場合、送金受付することができません。
  • ※送金依頼の際に、送金資金および手数料を口座へご入金ください。送金資金・手数料の引落時に残高が確認できなかった場合、当社は送金を実行いたしません。
  • ※送金依頼していただいた内容について当社からの確認等が発生した場合、SWIFT発信が送金指定日に間に合わない場合があります。

3

送金資金・手数料の引落し

送金依頼日の翌営業日に、送金金額は当該通貨の代表口座普通預金から、送金にかかる手数料等は代表口座円普通預金から引落します。
残高不足などにより、送金金額または手数料金額等が引落しできない場合は、送金を実行いたしません。必ず送金依頼日までにご入金ください。

4

当社からご指定の金融機関へ送金(SWIFT発信)

ご指定いただいた送金指定日に、当社はSWIFT発信を行います。
SWIFT発信日からおおむね1日〜3日程度で着金しますが、以下のような場合には、更に日数を要すことがございます。予めご了承ください。

  • ・ 送金指定日が送金通貨取扱国の銀行休日にあたる場合
  • ・ 受取国の銀行休日にあたる場合
  • ・ 受取銀行および受取国における手続き、規制等による場合

ご注意事項

  • ・ 1取引あたりの上限は原則、円換算ベースで3,000万円未満です。
  • ・ 法令等の定めにより、送金前に当社から資金の使途および送金の目的等について確認させていただきます。資金の使途および送金の目的等の当社が必要な事項が確認できない場合には、送金を受付できません。
  • ・ 送金先の口座へ送金資金が到着していない場合は、当社カスタマーセンターへご連絡いただくか、または当社WEBサイトにログインしたのち、お問合せフォームよりご連絡ください。
  • ・ 送金情報に不足・誤り等があり当社へ送金資金が返却された場合には、関係銀行にて手数料・諸費用が差し引かれる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ・ お客さまからのご依頼内容に不備があった場合、当社または受取銀行で通常より送金手続きに日数を要する可能性があります。また、受取銀行や中継銀行から送金にかかる追加確認が発生し、手数料を請求されることもありますので、ご依頼時には正確にご入力ください。
  • ・ 本内容に定めのない事項については、当社の別に定める規定、日本・関係各国の法令、慣習及び関係銀行所定の手続に従うこととします。関係銀行が所在国の慣習もしくは関係銀行所定の手続きに従って取扱ったことにより生じた損害、又は関係銀行の責に帰すべき事由により生じた損害、当社が相当の注意をもって送金資金を返却し、もしくは組戻しをしたことによる損害等については、当社は責任を負いません。

外貨送金サービスお申込方法

外貨送金サービスのお申込みにあたっては、当社の法人口座開設が必要です。
すでに口座をお持ちのお客さまは、ログイン後の本ページ内に表示される申込ボタンより、お申込みください。
申込手続きやサービスの詳細についてご不明な場合には、当社 カスタマーセンター へお問合せください。

すでに口座をお持ちのお客さまは、ログイン後の申込ボタンよりお申込みください

  • ※ご利用には、月額使用料の他に、外貨送金にかかる費用があります。詳細はこちらをご確認ください。
  • ※お申込みの際には、当社所定の審査を実施いたします。審査の結果によってはご希望に添えない場合もありますので予めご了承ください。

現在の位置: ホーム 法人のお客さま 外貨送金サービス

金融機関コード(銀行コード):0038

ログイン

キーボード
おすすめ情報
アプリ「外貨預金」
<不正取引を未然に防ぐ>スマート認証
預り資産20億突破! 新聞でも話題のロボット投資 Wealthnavi for 住信SBIネット銀行

PR情報