住信SBIネット銀行10th Anniversary
ヘルプQ&Aお問合せ 法人サービス

 

2017/12/15 17:30:06

[ ここから本文です ]

プレスリリース

 
平成29年11月20日
住信SBIネット銀行株式会社

「住信SBIネット銀行×freee -会社設立-」の提供開始のお知らせ
〜会社設立手続きとあわせて法人口座開設をサポート〜

住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:円山法昭、以下「住信SBIネット銀行」という)は、freee株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下「freee」という)と、freeeが提供する「会社設立 freee」を住信SBIネット銀行向けにカスタマイズした「住信SBIネット銀行×freee -会社設立-」を、平成29年11月20日付で提供開始することをお知らせします。
住信SBIネット銀行とfreeeは、これまでにも、残高・入出金明細取り込みや振込データにおけるAPI連携を通じて中小・中堅企業の生産性向上に貢献してまいりました。本取組は、会社設立時の必要書類作成及び法人口座開設の手続きを簡略化することにより、創業・開業の支援を共同で実施するものとなります。

【「住信SBIネット銀行×freee -会社設立-」の概要】

今回リリースする「住信SBIネット銀行×freee -会社設立-」は、freeeが住信SBIネット銀行向けに開発したもので、「会社設立 freee」に入力されたデータが住信SBIネット銀行の法人口座開設申込みフォームに連携されることから、簡単に住信SBIネット銀行の法人口座の開設申込みを行うことが出来ます。

住信SBIネット銀行×freee-会社設立-のHP → 会社設立freeeに入力 → ステップの最後に法人口座に申込み → 住信SBIネット銀行の法人用インターネットバンキング口座開設の申込みに、会社設立freeeでの入力情報を連携可能!

【提供開始の背景】

住信SBIネット銀行の法人のお客さまのうち、約4割は会社設立後6ヶ月未満(以下「創業期」)のお客さまであり、創業期のお客さまにご愛顧いただいております。これまで、住信SBIネット銀行とfreeeは、残高・入出金明細取り込みのAPI連携や、振込データ(振込先登録情報および振込結果情報)におけるAPI連携などを通じて、共同して中小・中堅企業のバックオフィス業務の効率化に貢献しておりますが、創業期のお客さまにとっても価値のあるサービスを提供すべく、「住信SBIネット銀行×freee -会社設立-」による創業・開業の支援を実施することと致しました。

【提携先企業について】

freee株式会社(https://www.freee.co.jp/
「スモールビジネスに携わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をミッションに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供しています。

住信SBIネット銀行は、お客さまに常にご利用いただける「あなたのレギュラーバンク」を目指して、更なる利便性の向上と社会の発展に寄与する新しい価値の創造につとめてまいります。

以上 

金融機関コード(銀行コード):0038

ログイン

キーボード
<不正取引を未然に防ぐ>スマート認証

PR情報