ヘルプQ&Aお問合せ

 

2018/11/13 09:45:14

[ ここから本文です ]

キャンペーン情報等・お知らせ

 
 
2010年5月21日
住信SBIネット銀行 株式会社

【住宅ローン】商品性一部改定のお知らせ

2010年4月30日(金)より、住宅ローンの商品性(資金使途・お取扱い地域・担保)を一部改定いたしました。改定項目の主な内容は以下のとおりです。

  • ・ 資金使途:一部改定により、詳細を追記しました。

  • ・ お取扱い地域:お取扱いの条件を緩和しました。

  • ・ 担保:一部改定により、詳細を追記しました。

なお、2010年4月30日以前にお申込みいただき、現在、審査中のお客さまに対しても、今回の改定は適用されます。

改定となる商品は以下の3商品です。詳細につきましては、商品概要説明書をご覧ください。

  • ※改定項目は以下のとおりです。

改定後
改定前
項目:資金使途

(新規)
ご本人またはご家族がお住まいになるための住宅の新築・購入資金およびこれにかかわる諸費用

  • ※賃貸の目的には利用できません。事業用との併用物件の場合は、居宅部分が延床面積の1/2以上あることが必要です。

(新規)
ご本人またはご家族がお住まいになるための住宅の新築・購入資金およびこれにかかわる諸費用

(借換)
ご本人のご自宅にかかわる現在お借入れ中の住宅ローンのお借換資金およびこれにかかわる諸費用

  • ※既に当社でお借入れのローンを借換えすることはできません。

  • ※賃貸の目的には利用できません。事業用との併用物件の場合は、居宅部分が延床面積の1/2以上あることが必要です。

(借換)
ご本人のご自宅にかかわる現在お借入れ中の住宅ローンのお借換資金およびこれにかかわる諸費用

  • ※既に当社でお借入れのローンを借換えすることはできません。

改定後
改定前
項目:お取扱い地域

借地上・保留地上の物件、離島にある物件については、お取扱いできません。

日本全国の市街化区域および用途地域の指定がある非線引区域です。市街化調整区域、用途地域の指定のない非線引区域、離島、保留地、仮換地については、お取扱いしておりません。(ただし、仮換地上のマンションについてはお取扱い可能です。)

  • ※担保物件は、建築基準法、およびそのほかの法令に適合しているものに限ります。また、借地(定期借地権を含む)上の建物、店舗、アパートなどとの併用物件につきましては、現在、お取扱いしておりません。担保物件の所在地、地積、状況などによっては、ご融資できないことがあります。

改定後
改定前
項目:担保

ご融資の対象となる物件に当社を抵当権者とする抵当権を第一順位にて設定していただきます。

  • ※担保設定等の登記にかかる費用は、お客さまのご負担となります。

  • ※担保物件は、建築基準法、およびそのほかの法令に適合しているものに限ります。「検査済証」のご提出をいただく場合があります。

  • ※担保物件の所在地、地積、状況などによっては、ご融資できないことがあります。(建築基準法上の道路に接道していない物件はお取扱いできません。)

ご融資の対象となる物件に当社を抵当権者とする抵当権を第一順位にて設定していただきます。

  • ※担保設定費用は、お客さまのご負担となります。

建物にはお借入れ期間以上の火災保険を付保いただきます。なお、保険金請求権に対して当社を質権者とする質権を設定していただく場合があります。

  • ※火災保険料はお客さまのご負担となります。

建物にはお借入れ期間以上の火災保険を付保いただきます。なお、保険金請求権に対して当社を質権者とする質権を設定していただく場合があります。

  • ※保険料および登記費用等はお客さまのご負担となります。

  • ※住宅ローンのお申込みにあたっては、当社所定の審査があります。審査の結果によってはお断りする場合もあります。

金融機関コード(銀行コード):0038

ログイン

キーボード
<不正取引を未然に防ぐ>スマート認証

PR情報