ヘルプQ&Aお問合せ

 

2018/11/13 10:06:40

[ ここから本文です ]

キャンペーン情報等・お知らせ

 
 
2018年9月14日
住信SBIネット銀行株式会社

インターネット・バンキングによる口座不正使用補てん規定(個人のお客さま)
インターネット・バンキングによる口座不正使用補てん規定(法人のお客さま)改定のお知らせ

2018年12月14日より、インターネット・バンキングによる口座不正使用補てん規定(個人のお客さま)および
インターネット・バンキングによる口座不正使用補てん規定(法人のお客さま)を一部改定致します。

改定によりインターネット・バンキングによる預金等の不正な払戻しにおける、補てんが行われない場合(重過失となりうる事例)が追加されます。
改定内容は、以下のとおりです。

インターネット・バンキングによる口座不正使用補てん規定(個人のお客さま/法人のお客さま)

〈改定内容〉

改定前
改定後

第3条(補てんが行われない場合)

前2条の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当することを当社が証明した場合には、当社は補てん責任を負いません。

  • 1. お客さまに故意もしくは重大な過失または法令違反がある場合

(略)

第3条(補てんが行われない場合)

前2条の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当することを当社が証明した場合には、当社は補てん責任を負いません。

  • 1. お客さまに故意もしくは重大な過失または法令違反がある場合
    (お客さまの重大な過失となりうる事例)
    • ・ 当社が注意喚起した手口またはそれに類似する手口であると認識し、または容易に認識し得たにもかかわらず、騙されて、ユーザーネーム/パスワード等を入力してしまった場合
    • ・ 他人にユーザーネームやパスワード等を知らせた場合
    • ・ ユーザーネーム、各種パスワード、認証番号、カードの裏面画像や裏面の表の情報等を、他人が容易にアクセス可能なお客さまの携帯電話機やスマートフォンのメモ情報やパーソナルコンピュータ、インターネット上のデータ保管サービス(電子メールやクラウドサービス等)に保存していた場合
    • ・ 身に覚えのない預金残高の変動、ウィルス感染等により、インターネット・バンキングで不正な払戻しが行われる可能性を認識し、または容易に認識し得たにも関わらず、当社への通知を行われていない場合
    • ・ その他、お客さまの「故意」と同視しうる程度にお客さまが注意義務に著しく違反している場合

(略)

  • ※2018年12月14日以降の不正払戻し分より適用されます。
  • ※本追加内容はお客さまにご留意いただきたい点の例示であり、補てんの適用については個別の事案毎に判断させていただきます。

インターネット・バンキングによる口座不正使用補てん規定の詳細は、〔ホーム>会社情報>ご利用規定(規定一覧)〕にてご確認ください。

  • ※当社では、24時間365日体制の振込モニタリングを実施する等、お客さまに安心してご利用いただけるよう、セキュリティ対策を実施しています。
    当社のセキュリティ対策の詳細は、〔ホーム>セキュリティ>当社のセキュリティ対策〕にてご確認ください。

以上 

金融機関コード(銀行コード):0038

ログイン

キーボード
<不正取引を未然に防ぐ>スマート認証

PR情報